unnamed

名刺管理はEvernoteとスキャナで管理すると便利

Evernoteとスキャナを使用した名刺管理方法

名刺管理はこれまではScanSnapS1100:FUJITSU ScanSnap S1100 FI-S1100と付属のOCRソフト・名刺管理ソフトを使用していましたが、OCRの精度が低くて文字化けが多く、手作業での修正が大変でした。またデータをローカルで保存するため外出先での確認はリモートデスクトップetcでなかなか大変です。(ちなみにリモートデスクトップのやり方も記録してます→こちら

そこで、それに代わって使用するのがEvernoteとスキャナを使用した名刺管理方法です。

名刺管理に必要なもの

  • PC
  • スマートフォン
  • Evernoteアプリ(PC、スマートフォンそれぞれ)
  • スキャナ・・・Evernoteに対応(アカウント情報入れて自動でアップしてくれるもの)しているとよりスムーズ。
    おすすめはScanSnapS1100:FUJITSU ScanSnap S1100 FI-S1100

上記に記したものは全て必須ではありません。一番簡単に済ませる方法は「スマートフォン+Evernoteアプリ」のみで大丈夫です。

スマートフォン+Evernoteアプリで名刺管理

この場合はスマートフォンのカメラで撮影した名刺画像を取り込む形となります。Evernoteアプリをスマートフォンにインストールし、アプリのカメラで名刺を撮影します。

←アプリを開いた状態で、カメラアイコン右のアイコンをタップ。こちらがスキャナのように働いてくれるカメラ機能です。

タップするとカメラが立ち上がりますので、枠内に全体が入るように撮影します。斜めから撮影しても自動的に補正してくれるので神経質になる必要はありませんが、やはりある程度正面から撮影した方がきれいに収まりやすいので、なるべく丁寧に撮影します。

撮影が終われば右下のチェックマークをタップ。その他特に操作は必要なく、以上で完了です。

ちゃんと撮影出来ているか念のためにチェックしするために、「すべてのノート」などから先ほど撮影したものを確認してみます。

『「撮影した場所が入る」で作成されたスナップショット』という名称で保存されています。私の場合は面倒なのでいちいちこの名前は変更しません。また場所情報は打ち合わせ時に受け取った場所を記録してくれるので、相手や相手の会社の場所を思い出す良いきっかけになるかと思うので、なるべく打ち合わせ場所現地で撮影するようにします。

確認してみるとちゃんと撮影出来ているようです。基本的にはこの状態で完了しても大丈夫ですが、私の場合は一手間だけかけます。Evernoteは名刺だけでなく他のドキュメント等も合わせて管理していますので、それらと切り分けするためにタグ付けだけします。(もちろん名刺のためだけの新しいノートブックを作成してそちらに入れても良いと思います。)

タグの付け方は保存したドキュメントを一度開いてインフォメーションマーク「i」をタップします。それによりノート情報が表示されるので「タグ」をタップします。既にある場合はそれをタップで選択。まだ無い場合は「名刺」と入力すればタグ付けと作成が同時に行えます。

EvernoteのOCRの実力を試してみる

スクリーンショット 2013-04-07 4月7日16.31
試しに「株式会社」で検索してみました。※画像はPCですが、スマートフォンでももちろん可能です。

検索キーワードの「株式会社」が含まれるものが左に一覧として表示され、右側には選択したもの(名刺)の該当部分が目立つようにフォーカスされて表示されます。

私の場合すでに500枚ほどの名刺が保存さていますが、EvernoteのOCRは中々優秀で、非常に特殊なフォント以外はほぼ読み取ってくれている印象です。

先日も前回の打ち合わせからだいぶ時間が経過してしまった方から急に連絡を頂き、少し記憶が薄れていたのですが、お名前を名乗って頂いたので即座に検索→ヒットでスムーズな会話が出来ました。

Evernoteでの名刺管理、非常にお勧めです!ぜひ一度お試し下さい。

Windows上の共有プリンタをMacから使う方法-Canon Pixus等

他にも方法があるかもしれませんが、とりあえずウチの環境で動いた例を紹介します。

環境の概要

Windows7 64bit
└Canon PIXUS iP4200(ネットワーク上で共有設定済み。)

windows同士であれば問題なく印刷は出来ていました。

こちらのプリンタをMac(OS X マウンテンライオン)でネットワーク共有上でプリントしようとしたところ、「306通信エラーが発生しました。」と表示され、一向にプリントが実施される気配がありません。

原因

Windows上のネットワーク共有上のプリンタをMacから使用する場合、「ネットワーク印刷用のドライバ」が必要らしいですが、CanonのPIXUS系のプリンタのほとんどはこちらが用意されていない。つまり対応していない。

解決方法

  1. 「ネットワーク印刷用のドライバ」を探してきてインストール
    ダウンロードはこちらから可能なようです → http://sourceforge.net/projects/gimp-print/files/
  2. Mac側でプリンタの追加
  3. プリンタの設定で先ほどインストールしたドライバの方を選択

簡単に説明すると以上です。

Mac側でのプリンタの追加方法詳細

「システム環境設定」>「プリントとスキャン」に進む

※上記図は既に追加済みの状態です。

まずは画面左下の「+」をクリック

以下の画面に移動するので、

  1. 上部「Windows」をクリック
  2. 共有プリンタのあるネットワーク、PC名、プリンタ名の順にクリック
  3. ドライバ:「プリンタソフトウェアを選択…」をクリック
  4. 「Canon PIXMA iP4200…」を選択 ※標準で入っているの「Canon iP4200」ではない方です。
  5. 最後に「追加」で完了

無料メール・フト Thunderbird - Windows 7 対応メール・フトの決定版

サンダーバード(Thunderbird)の動作が重い時の解消方法

メールソフトのサンダーバード(Thunderbird)は使用し続けると動作が重くなってくる事があります。

その原因の1つと考えられるのがThunderbird3以降から機能追加された「検索機能」です。この機能はサンダーバード内のメールを検索する際により効率的に検索をするためにメールの情報をインデックス化します。インデックス化とはデータの整理方法の1つで、メールソフトを使えば使うほど、それ自体もデータをため込んでいきます。

長期間にわたり使用している場合、このデータが肥大化し、それを読み込むための時間も長くなり、動作が重くなってしまうと言う事があるようです。

動作を軽くするための2つの方法

サンダーバードの動作が重い原因が、先ほどのインデックスデータが肥大化している場合、次の2つの方法が有効に働く可能性があります。

  1. インデックスデータ(SQLite)の削除
  2. インデックスデータ(SQLite)の最適化

インデックスデータ(SQLite)の削除方法

このデータは「global-messages-db.sqlite」というファイル名で保存されています。サンダーバード未使用の時点では数キロバイトのサイズですが、使い続けているどんどん大きくなります。

ファイルの場所はOSの種類によって異なりますが、以下の方法でその場所を見つける事が出来ます。

Windowsの場合

  • Windows Vista/7
    スタートボタンをクリックし > 「プログラムとファイルの検索」に以下をコピー&ペーストしてそのまま待つ
    %APPDATA%\Thunderbird\Profiles\
  • Windows XP
    スタート ボタンをクリック > ファイル名を指定して実行 を選択、以下をコピー&ペーストで「OK」をクリック
    %APPDATA%\Thunderbird\Profiles\

Mac OS X の場合

Finderを開く > ホームフォルダ(通常はユーザー名) > Library > Thunderbird > Profiles

上記の方法で探し出したフォルダの中に、「global-messages-db.sqlite」というファイルがあるので、こちらを削除します。

これでOKですが、そのまま使い続けると、サンダーバードはこのファイルを自動的に再構築していきますので、それを望まない場合は「グローバル検索と索引データベース」を無効化する必要があります。

「グローバル検索と索引データベースを有効にする」を解除する方法

  1. サンダーバードを起動します。
  2. ツール > オプション と進みます。ポップアップで「オプション」が表示されます。
  3. 詳細 > 「一般」タブ
  4. 高度な設定の「グローバル検索と索引データベースを有効にする」のチェックを外します。

以上で、今後はインデックスデータが作成されなくなります。

インデックスデータ(SQLite)の最適化

これにはサンダーバードのアドオンを使用したいと思います。

ツール > アドオン より、「SQLite Manager」を検索、インストールしてサンダーバードを再起動します。

ツールメニューの中に「SQLite Manager」が追加されているのが確認できれば、そちらをクリックします。※ポップアップで開きます。

左上の「フォルダ」のアイコンをクリック、上記「インデックスデータ(SQLite)の削除方法」で記した「Profiles」のフォルダの中から「places.sqlite」を選択すると以下の画面に。

 

  1. 「SQL実行」タブを選択
  2. 「SQLを入力」に「vacuum」と入力
  3. 「SQLを実行」をクリック

以上、これらの方法はサンダーバードの重さを解消する可能性の1つです。また、これによりPC、サンダーバードの動作に影響が出てしまう事もあり得ますので、自己責任で慎重に実施する事をお勧めします。

 

ロケットネットからドメイン移転(転出・移管)

ロケットネットからドメイン管理の移動方法を探しましたが、ロケットネットのヘルプ内には他社からロケットネットへの移管方法しか見当たらなかったのでメモをしておきます。

1.ロケットネットのコントロールパネルにログイン

マイアカウント > 請求管理 > 契約 > 対象ドメインをクリック

(右の方にある)解約を申請するをクリック

2.解約申請をする

手順1で解約申請するをクリックすると、上記の画面に移動します。転出する場合は「他社へ移管する」の個所に手入力で「○」を記入し、右下の保存ボタンをクリックします。

(注意事項)契約の解約日時は編集可能ですが、注意事項で「契約終了日」までの日付でご設定ください。とあるので、そのままにしておきます。

3.ロケットネットお問い合わせフォームから改めて連絡する

手順2を完了すると、ロケットネットより自動返信メールが届きます。そのメールの中にあるリンクをクリックすると、お問い合わせフォームに移動します。

問い合わせの窓口は3種類ありますが、「ドメイン、料金、お手続きに関するお問い合わせ」のお問い合わせフォームに移動します。

「ご質問内容」の欄に、ドメイン移管を希望する旨を入力し、送信ボタンをクリックします。

文例

ドメイン移管を希望します。
ドメインレジストラロック解除、オースコードの発行をお願い致します。

———————-
#1234
sample.com
———————-

翌営業日くらいにはメールで返信が来るので、移転先にオースコードを入力し、手続きをします。

サーバー上の削除できないファイル・フォルダの削除方法

時折WEBサーバー上に削除できないファイルが残ってしまう事があります。特に、Wordpressなどを使用した場合(PHP)や、CGIを扱った場合にそのような現象が起こる傾向にあるようです。

  • サーバーのコントロールパネルから該当ファイル削除
  • Dreamweaverで接続、リモートビューでファイル削除
  • FFFTPで接続、該当ファイルの削除

これらを試してみても、ファイルが削除できない場合、FFFTPの設定の変更で再度試すと削除に成功する可能性があります。

ホストの設定 > 高度

より、以下の項目の全てからチェックを外します。

  • LISTコマンドでファイル一覧を取得(L)
  • NLST-Rを使って高速に再帰検索(N)
  • フルパスでファイルをアクセスしない(F)

初期設定では通常1番目にチェックが入っており、それを外すと2番目の項目のチェックを外す事が可能です(1番目のチェックを外す前はグレーで変更不可状態)。これらのチェックをすべて外し、OKをクリック。改めて該当ファイルの削除を試みると成功する事があります。

この方法でもファイルやフォルダが削除できない場合は、Web Eraser というフリーソフトを試してみると良いでしょう。説明に従ってサーバー上に設置すると、自動的にWEBサーバー上のファイルを削除してくれるツールです。

もしもこれらの方法でうまくいかない場合でも、ホスティング会社に直接依頼をすれば、個別に対応してくれます。

 

obj_ser_01

カラーミーショップ

ネットショップの利点の1つは開業費用が抑えられる事。数あるネットショップ構築システムの中でもとりわけ低コストで始められるのが「カラーミーショップ」です。プランは3種類ありますが、ライトプランで12カ月契約であれば、月額875円からスタート出来ます。初期費用で別途3,150円かかります。またクレジット決済を利用する場合は月額2,000円~かかりますので、月額3,000円前後でネットショップの開業、運営をする事が可能です。

クレジットカード決済は、ネットショップでは必須ともいえる決済方法ですので、基本的には導入するのが良いでしょう。ただし、中にはあえて導入しないショップさんもあります。クレジットカード決済は、売上に応じた手数料(概ね4%~5%)が掛ります。最低価格競争をしているようなショップさんは、少しでも販売価格を下げるために、その負担分を削減します。その場合、銀行振り込みや代金引換が一般的ですが、その場合は購入者が振込手数料や代金引換手数料を負担する事になります。

ネットショップの決済方法においてはクレジットカードの割合が最も高いため(2010年経産省データによる)、そのような場合を除けば、クレジットカード決済、代金引換、銀行振り込み(中でもゆうちょ銀行は意外と多いです。恐らく地方でもかなりの支店が身近にあるからだと思われます。)、コンビニ支払い(ゆうちょ銀行と同じく身近にあるという利便性)。これらは開店時から一通り利用可能にしておく事が重要だと思います。

これまでいくつかのネットショップシステムを実際に触ってみた印象ですが、現在ではどのシステムでも概ね及第点を取れるほどの一通りの機能を備えています。つまり、よほど特別な機能を欲していない場合、かなりの低価格で運営できるカラーミーショップはかなり魅力的だと言えます。ネットショップを副業的に取り組む場合、あるいはとりあえず始めてみて、その感触で熱の入れ方を調整したいと考えている方も大勢いらっしゃいます。そのような場合は、当然ながら初期費用、運営費用は低コストであるほど損益も少なく済みます。

一通りの機能がそろっており、問題無くネットショップが運営出来ると分かれば、やはり気を使いたいところはデザインの自由度です。サイトデザインのクオリティの違いによる売上の違いは商材にもよりますが、同じ商品で同じ価格であるばあい、キレイなショップ、信頼感のあるショップで買いたいものです。したがって、ある程度の体裁は整えておきたいものです。

カラーミーショップの場合、基本的にHTMLとCSSは編集可能ですので、デザインの自由度は高い方だと思います。概ね理想通りの形が実現できると思います。WEBデザインの技術が無い場合、もしくは外注する資金的余裕が無い場合はテンプレートを使用するという方法があります。→テンプレート一覧

この中からお気に入りが見つかれば、それをそのまま使うのが良いでしょうが、もう少し手の込んだデザインを欲するのであれば、有料テンプレートの購入も良いと思います。PC版10,000円・モバイル版3,000円、ブログ版5,000円と、全て導入した場合で合計18,000円です。私の見たところ、これらの有料テンプレートのレベルで制作会社に依頼した場合、20~30万円前後が相場ですので、クオリティに対してのお得感はあるかなと思います。有料テンプレート購入の際に、PC版・モバイル版・ブログ版と3種類ありますが、どこまで揃えればいいのか?という迷いが出ると思います。極めて個人的な意見ですが、モバイル版は不要かなと思います。この場合のモバイル版とは、いわゆる携帯サイトです。PCサイトと違い、テンプレートによる差は小さめですし、今後はスマートフォンのシェアが伸びてきます。今から旧世代の携帯サイトに凝る必要性は少し薄れているかなと感じるのがその理由です。

ちなみにスマートフォン用に最適化された画面を適用する場合は別途設定が必要です。何も設定しない場合はPCサイトがそのまま表示されます。スマートフォン用の画面もデザインは可能です。現在のところは3種類のカラーバリエーション(ブルー・ブラック・ピンク)から選べ、またそのデザインの編集(HTML・CSS)も可能なようです。試しに1つ設定してみましたが、左の画像の通りの感じです。元々シンプルに最適化されるものですので、そんなに手を加えなくても十分活用できる印象があります。

迷うところはブログ版ではないかと思います。ブログはしない!というのであれば必要はありませんが、ブログを活用する場合、デザインを合わせるかどうか迷います。カラーミーショップのブログはショップ内の一部がブログとなっているのではなく、別サイトとして存在します。当然URLも別です。従って、デザインの統一が成されている方が訪問者に対しての変な不安感は与えないと思います。また、ロゴをクリックする事によりショップに戻るので、離脱も防げる印象があります。無料テンプレートの場合、「ショップへ戻る」のリンクが少し分かりづらいため、見逃してしまうかもしれないという印象があります。これらを判断材料にし、導入の可否を決めると良いと思います。

カラーミーショップのまとめ

最後に判断材料をまとめると

  • 初期費用:3,150円
  • 月額費用:3,000~5,000円前後(クレジットカード導入が前提)
  • デザイン性:自由度が高い。無料、有料テンプレート有り
  • 機能性:通常のネットショップとしては十分に備えている

というところです。低コストで十分使える、かなり優秀なネットショップシステムだと思います。無料体験が30日ありますので、少し触ってみるのも良いと思います。→カラーミーショップ

WordPressで固定ページ内に記事一覧を表示させる

固定ページは通常html等で新たに構成したコンテンツが表示されますが、使用用途によってはある特定のカテゴリー一覧を表示させたい場合もあります。例えば、ナビゲーションの部分は通常は固定ページを表示させているが、その中の1つを「最新記事」などとし、記事として作成した投稿の一覧表示をさせたい場合などです。

こちらを実現するためには2つのステップが必要です。

  1. WordPressの固定ページ(あるいは記事)に「PHP」が書き込める状態にすること ※初期状態は出来ません。
  2. 該当のページに必要なPHPプログラムを書き込み、公開する

STEP1:Wordpressの固定ページ(あるいは記事)に「PHP」が書き込める状態にする方法

もっとも簡単な方法として、これを可能にするプラグインのインストールをお勧めします。

■インストールするプラグイン:「Exec-PHP

こちらを通常のプラグインのインストール方法通りにインストールします。「有効化」をすれば、特別な設定をせずとも既にPHPが書き込める状態になります。

Exec-PHP設定の補足

インストール、有効化しただけで使えますが、初期の状態では新規投稿(新規記事作成)をしようとするたびに管理画面の最上部に以下の警告文が表示されます。

Exec-PHP WYSIWYG Conversion Warning. Saving this article will render all contained PHP code permanently unuseful. Even if you are saving this article through the Code editor. You can turn off this warning in your user profile. Ignore this warning in case this article does not contain PHP code. Read the Exec-PHP documentation if you are unsure what to do next.

PHP WYSIWYG変換の警告。この記事を保存すると、コードエディタでこの記事を保存している場合であっても、格納されているすべてのPHPコードが恒久的に使えないようになります。この記事にPHPコードが含まれおらず、警告を無視したい場合は、ユーザプロファイルにて警告をオフにすることができます。不明な場合は、exec – PHPのマニュアルをお読みください。

STEP2:該当のページに必要なPHPプログラムを書き込み、公開する

今回は例として、ある固定ページを表示させた際に、コンテンツとしてある特定のカテゴリーの記事一覧を表示させます。

表示例…

記入するコード例


<?php query_posts($query_string . 'showposts=xxx&cat=yyy'); ?>  // xxx には表示させる最大数を、yyyには表示させるカテゴリーIDを入力
<?php if (have_posts()) : ?>
<?php while (have_posts()) : the_post(); ?>

<ul>
<li><?php the_time('Y年m月d日') ?><a href="<?php the_permalink() ?>"><?php the_title(); ?></a></li>
</ul>

<?php endwhile; ?>
<?php else : ?>
<?php endif; ?>
<?php query_posts($query_string . ""); ?>

WordPressでカテゴリーをクリックした際に記事のタイトル一覧を表示させる方法

WordPressの多くのテーマでは、カテゴリーをクリックした際には記事のタイトル及びその内容を含んだ全ての情報が表示されます。

今回実現したいのは記事の内容をそのまま表示させるのではなく、そのカテゴリー内の記事の一覧の表示です。

例えば以下のような形です。

これにより、ページ閲覧の場合には以下のようなステップを踏むことになります。

  1. カテゴリーのクリック
  2. そのカテゴリー内の記事一覧表示※上記のように
  3. タイトルをクリック
  4. 個別の記事ページへ

設定の手順

上記のように表示させたいページを生成するファイルを編集します。

  • カテゴリーページ(カテゴリーをクリックした際に表示させるページ) → category.php
  • アーカイブページ(月別の投稿をクリックした際などに表示させるページ) → archive.php
  • 検索結果ページ(サイト内検索を実行した際に検索結果として表示されるページなど) → search.php

上記は一例ですので、使用しているテーマによって異なる場合もあります。各テーマごとに適切な方法を選択する必要があります。

テーマによっては「category.php」は存在せず「archive.php」のみで構成されているということもあります。

例:archive.phpを編集する

テーマごとに表示方法(機能)が異なりますが、もっともシンプルにする場合は以下の内容が基本となります。

<?php get_header();?>
<h2><?php _e('記事一覧'); ?></h2>
<?php if (have_posts()) : while (have_posts()) : the_post(); ?>
<div>
<lu>
<li><?php the_time('Y年n月j日') ?><a href="<?php the_permalink() ?> rel="bookmark"><?php the_title(); ?></a></li>
</lu>
</div>
<?php endwhile; else: ?>
<?php endif; ?>
<?php get_sidebar(); ?>
<?php get_footer(); ?>

上記は一例ですので、表示させたい形式に応じてカスタマイズすると良いでしょう。

WordPressで固定ページの内容をトップページなどに表示させる方法

今回実現したいのは、別途作成した「固定ページ」の内容をトップページの一部に表示させる方法です。よく見かけるサイト更新情報のリストではなく、内容そもそもの表示です。

手順(例:トップページに表示させる場合)

  1. 表示させたい内容を書き込み「固定ページ」を作成する
  2. 作成した固定ページIDをメモする。
    簡単な方法はとりあえずページを作成し、そのページを表示させ、
    URLの末尾の数字を確認する。「http://sample.com/?p=xxx」の「xxx」の部分がページID
  3. 「index.php」の挿入したい個所に以下のコードを書き込む。
<?php
$page_id = xxx;    //xxxに 固定ページIDを入力
$content = get_page($page_id);
echo $content->post_content;
?>

タイトルを表示させる場合は下記も合わせると実現できます

$content = get_page($page_id);
echo “<h2>” . $content->post_title . “</h2>n”;

タイトル+内容を表示させたい場合は

<?php
$page_id = xxx;    //xxxに 固定ページIDを入力
$content = get_page($page_id);
echo “<h2>” . $content->post_title . “</h2>n”;
$content = get_page($page_id);
echo $content->post_content;
?>

<h2>…</h2>は一例ですので、他のheadingタグでも良いでしょう。

DL151

スパム解除方法|Found a funny picture of you! (URL)

Found a funny picture of you!というDMに注意!

Found a funny picture of you!というDMはスパム(フィッシングサイトへの誘導)です。Twitterのスパムではもはや典型的な手法になりつつあります。

意味は「あなたの変な写真を見付けました。(URL)」、このようなDMを受けるとついついURLをクリックしてしまいます。

このURLをクリックすると次のような画面に遷移します。

見た目はTwitterのログイン画面。この手法は最近ではかなり典型的な手口です。例えTwitterに既にログインしていても、この画面が出てしまうと、ログインしていなかったのかと思い、その写真はTwitter上にUPされていて、見るためにはログインをしないといけないんだと思ってしまいます。

そしてユーザー名とパスワードを入力してしまうのです。

ユーザー名とパスワードを入力するとどうなってしまうのか?

  • ユーザー名とパスワードを盗まれてしまう
  • 相互フォロー関係の友人に対してこのDMの配信者になる。つまりは加害者に。

※URLを踏んだだけで、ユーザー名とパスワードを入力をしていない場合は大丈夫です。

スパムを踏んでしまった時の対処方法

ユーザー名とパスワードを入力してしまった場合には以下の対処方法を実施しましょう。

  • Twitterのパスワードを変更する
  • 同じユーザー名・パスワードの組み合わせの他のサービスのパスワードも変更する
  • 送ってしまったDMを削除する
  • より誠意をもって対応するなら送ってしまった方への謝罪と、注意を促す。
    もしもそちらの方も既にユーザー名・パスワードの入力をしてしまっていたら、対処方法を共有してあげるとなお良いでしょう。

要するに、Twitterのログインに使用している「ユーザー名」と「パスワード」の組み合わせを盗まれているわけですから、その情報でログイン出来るサービスは危険性があるということが言えます。オンライン銀行などは特に注意したいものです。

現在のところ、ツイッターのスパムは英文でのDMでが多い傾向にありますので、友達からのDMであったとしても、用心のためにクリックしない方が安全そうです。

このスパムは「I saw a real bad blog about you, you seen this? (URL)」とほぼ同じです。用心のために合わせて確認しておくと良いでしょう。

参考:スパム解除方法|I saw a real bad blog about you, you seen this? (URL)