カテゴリー別アーカイブ: ①まずはじめに

wordpress-logo

当サイトで使用しているお勧めのブログシステムWordPress

当サイトはWordPressという名前のブログシステムを採用しています。

WordPressとは?

WordPress (ワードプレス) は、オープンソースのブログ/CMS プラットフォームです。セマンティック Web、コードやデザインの美しさ、Web 標準、ユーザビリティなどを意識して開発されており、無料でダウンロードして使うことができます。

日本でブログと言えばフリーブログ(アメブロなど)が人気ですが、海外では多くの人達がこのWordpressを使用したブログを作っています。また、国内でもこのシステムを活用したサイトは数多く存在します。例えばYahooのリスティング広告(オーバーチュア)のクライアントセンターでも採用されています。

WordPressのメリット

余計な広告はありません

ブログを作るだけであれば、フリーブログが簡単です。メールアドレスさえあれば登録して誰でも使用することができます。しかし、それらのブログは基本的に限られたデザインや機能しか使えません。しかも、必ず広告が挿入されてしまいます(有料版を使用して削除することも可能)。しかしWordpressを使用すれば、デザインを自由に変更できる他、広告は一切入れずに運用することも可能です。

プラグインにより機能追加が可能

また、Wordpressには「プラグイン」という機能があります。プラグインは世界中の多くの開発者が作成する、新たな機能を追加するためのものです。例えば、当ブログで使用しているものには次のようなものがあります。

  • WP Social Bookmarking Light
    Twitterの「ツイートする」ボタンや、Facebookの「いいね!」ボタンを各記事に自動的に挿入することができます。
  • Twitter Follow Me Box
    サイトの右側に「Follow Me」というボタンを設置することができます。ボタンの色も簡単な設定で変えることができます。
  • WP External Links
    外部のサイトへのリンクは、リンクを設置しただけで自動的に別ウィンドウで開くように設定されます。

このように、プラグインを用いれば、専門的な知識が無くてもサイトに新たな機能を追加することが可能です。プラグインは世界中の開発者が日々新しいものを開発していますので、自分がやりたいと思ったことを検索すれば、かなりの高確率で見つけることができます。

WordPressに必要なもの

WordPressは自分で自在にデザインできたり、必要な機能を追加したり素晴らしいシステムですが、その代わりフリーブログとは違ってサーバーやドメインを自分で用意する必要があります。ドメインは好きなものを用意すればそれで良いですが、サーバーは以下のスペックを備えている事が条件です。

  • PHP バージョン 5.2.4 以上
  • MySQL バージョン 5.0 以上

基本的にはこちらの条件が満たされていれば最新のWordpress(3.2 日本語版)を使うことができます。

WordPressのインストール方法

  1. zip ファイルを空のディレクトリに展開します。
  2. WordPad などのテキストエディタで wp-config-sample.php を開き、データベースの接続情報 (データベース名、ユーザー名、パスワード、およびホスト名) を記入します。
  3. このファイルの名前を wp-config.php として保存します。
  4. すべてのファイルをアップロードします。
  5. /wp-admin/install.php をブラウザで開きます。これによりあなたのブログに必要なデータベースのテーブルが設定されるはずです。もしエラーが発生するようなら wp-config.php ファイルをもう一度確認し、再度このインストーラを試してください。それでも失敗する場合は、できるだけ多くのデータを集めてサポートフォーラムに行ってください。
  6. パスワードが自動的に生成され表示されます。これをメモしてください。
  7. その後、このインストールスクリプトはあなたをログインページに案内するはずです。ユーザ名 admin と、インストール中に生成されてメモしたパスワードを使ってログインしてください。このパスワードはログイン後、管理画面の「ユーザー」をクリックして変更することができます。

より簡単にWordpressを導入する方法

先に説明したインストール方法でWordpressの導入は可能ですが、初めての方には中々大変です。

そこで、より簡単に導入する方法としてWordpressのインストール機能を備えたサーバーを使用する方法を紹介します。Wordpressを導入することを前提としたサーバーのため、導入方法は簡単です。サーバーの種類によって若干異なりますが、概ね以下の方法でWordpressを導入することができます。

  • ドメインを取得する
  • データベースを作る
  • WordPressのインストールをする
    ブログ名・ユーザー名・パスワードの諸情報を入力

これだけでWordpressがインストールできるので、その後は「http://取得したドメイン/WordPressをインストールしたディレクトリ(無い場合もあります)/wp-admin」にアクセスし、決めたユーザー名とパスワードを入力することで、管理画面に入ることができます。

私はこちらの方法をお勧めします。他で用意してきたサーバーの場合、Wordpressを動かすために必要なスペックを満たしていないため、動かないという可能性もあります。Wordpressを導入することを想定したサーバーの場合はそんな心配もありません。

WordPressが使えるお勧めのサーバー

WordPressが使えるお勧めのサーバーを幾つか紹介します。用途に応じてベストなものを選ぶと良いでしょう

共用サーバーSD

低コストで複数のWordpressを運用したい場合にお勧め

費用は1344円/月と安価ですが、サーバー容量が100GBもあり、データベースの数も無制限です。もちろんマルチドメイン(1台のサーバーに複数のドメインを登録できる)です。こちらのサーバーは1台のサーバーで複数のWordpressサイトを運用したい場合にお勧めです。Wordpressインストールに必ず必要なデータベースですが、無制限に作ることが出来るものは少ないので、サーバーの容量に余裕があってもデータベースの上限がある場合、その制限数以上のサイトを運用することは出来ません。(1つのデータベースに複数のWordpressをインストールすることも可能ですが、動作に影響が出る可能性もあるのでお勧めしません)

ただし、最近人気のTwitter関連のモジュールが入っていないため、Twitterと連動させる機能が働かないなどのデメリットもあります。
例)Twitterのoauthによるログインが出来ない。ブログ記事を投稿すると同時にTwitterにも自動的にタイトル&URLを流す事が出来ない…etc

お名前.comのVPS

共用サーバーSDで物足りない場合はこちらがお勧め

費用は2,457円/月と、VPSとしては格安で容量も120GBあります。VPSについての詳細説明は割愛しますが、専用サーバーに近い機能を果たす、高性能サーバーと考えて頂いて結構です。例えば先ほどのTwitter関連のモジュールも、好みに応じてインストールすることができます。専用サーバーになると月々数万円のコストが掛かってしまい、そこまで費用をかけることが出来ないけれど、自由度が高く安定性の高い、1段階上のサイト運営がしたい場合はこちらがお勧めです。

ロケットネット

より低コストで最大3つのWordpressを運用したい場合にお勧め

費用は525円/月と格安で、容量も50GBもあって十分です。こちらはとにかく低コストで運用したい場合にお勧めです。この金額でこれだけの容量を使えるサーバーは他にはありません。データベースは1契約につき3台までの上限がありますので、Wordpressは最大3サイトまでという上限があります。マルチドメイン対応ですので、データベースを使用しない普通のhtmlサイトなどであれば、Wordpressサイト3サイト以外にいくつでも運用することが出来ます。通常の運用においては十分過ぎるスペックを備えていると言えます。

なお、こちらのサーバーにはTwitterモジュールが入っているため、Twitterとの連携も出来ます。

shopping-mall

独自店とモール店の違いを知ろう

ECサイト(ネットショップ)構築の選択しとしては、「独自店」と「モール店」が存在します。両者はいずれもECサイトに分類されますが、性質は大きく異なります。

どちらの形態で構築するかはその後の運営を左右するので、その違いを知っておくことはとても重要なことです。今回は独自店とモール店の簡単な違いに触れてみます。

独自店とは

店舗の集合体(モール店)とは異なり、他の店舗とは独立したECサイトの事を指します。多くの場合が独自ドメイン(○○.comなど)をURL/アドレスとしてWEB上に公開されます。ASPと呼ばれる業者のECサイト構築システムと契約する方法や、自らドメインとサーバーを手配して、サーバーに任意のシステムをインストールする方法とがあります。

モール店とは

店舗の集合体です。有名なものには楽天市場、Yahoo!ショッピングなどがあります。例えるならば百貨店のようなものです。大きな建物の中に、それぞれの店舗がテナント料を支払って出店するというイメージです。URLは楽天の例を挙げると、http://www.rakuten.ne.jp/gold/○○/ のように、最後の「○○」の部分だけ自分で選べます。

楽天、Yahoo!ショッピングと契約することにより出店が出来ます。システムはそれらの会社から提供されるので、自ら準備する必要はありませんが、独自店と比較すると制約はやや多くなります。
例)モール内から外部へのリンクの禁止など

独自店とモール店、どちらを選ぶべきか?

ECサイトを初めて構築しようと検討している時には、この議論は頻繁に行われます。まずはどちらから始めるべきか?という事です。

結論から言うと、将来的には「独自店」と「モール店」の両方を運営するというのが理想的だと思います。何故なら、どちらもメリット・デメリット、一長一短があるので、それぞれを運営することにより、不足している部分を補完することによりリスク分散が出来るからです。また、ユーザーの多くは自分自身の行きつけのショップを持っています。そのショップのポイントを持っているからであるとか、使い慣れているから安心であるからなどと理由はいくつか挙げられます。実生活においても同様の現象は起きているはずです。つまり、特定の店舗運営だけであれば、一定のお客さんを抱えた時に天井が来てしまい、それ以上取り込めないお客さんが大勢いるということになるのです。

モールだけを考えても、ネット上で「楽天派 Yahoo派」などと検索してみると、あなたはどっち?という質問と回答が何度となくやり取りされている様子が伺えます。楽天派がYahoo!ショッピングで買い物をすることは稀ですし、その逆もまた然りです。であれば、その両方に出店することにより、両方のお客さんを獲得できる事につながるのです。

さて、将来的には複数のECサイトの運営が望ましいと言いましたが、そうは言ってもそれは手始めの1店舗目が順調に運営が軌道に乗ってからのお話です。まずは手始めの1店舗目を、一体どちらのECサイト(独自orモール)で始めるべきかを考える必要があります。

検討すべきポイントはたくさんありますが、ここでは極めてシンプルに次の2つのポイントだけで選ぶことをお勧めします。

ネットショップはそれ自体、実店舗運営よりも格段に低コストで始められるのがメリットです。しかし、それでもやはり多少の費用は掛かります。実際にどれ位の費用がかかるかというと、広告費や人件費などを除いた、純粋にシステムを使うだけで掛かってしまう費用を比較します。

  • モール・・・50万~60万
  • 独自店・・・数万~30万

どこと契約するか、によっても差はありますが、一概に言えるのはモール店の方がシステム使用料が基本的に高いという事です。

では、誰もが独自店から始めればよいかというと、そうではありません。これがモール店のシステム使用料を高くしている理由かどうかは不明ですが、モール店(楽天・Yahoo)であれば初めから買い物客が大勢訪れています。つまり開店初日から商品が売れる可能性が大いにあるという事です。

逆に独自店の場合はそれがありませんので、例えばアナログな方法で言えば、開店前から知り合いの方にチラシを配っておいたり、デジタルな方法で言えば、メールで開店のお知らせを行なったり、あるいはリスティング広告などで集客をする必要があります。先ほど独自店とモール店にはメリット・デメリット、一長一短があると説明しましたが、これもその1つであると言えます。

モール店でも広告費は掛かる

先ほど説明で、モール店は初めから買い物客が…と説明しました。モール店は百貨店のようなものですので、確かに自身の店舗を出店している大きな箱の中にはお客さんがたくさんうごめいているのは事実です。しかし、それらのお客さんを同業他社を出しぬいて、自身の店舗に誘導するためにはやはり何かしらのアクションを行う必要があります。以下はその為の幾つかの方法です。

  • 同一商品であれば、他店よりも安い価格で提供する
    お客さんは目当ての商品を見つけた時、価格が安い順にを並び替えて確認します。もちろんその際には最安値のショップで購入します。
  • レビュー(クチコミ・感想)を書いてもらう為の工夫をする
    例えばプレゼントなどです。何故かというと、例えば楽天などであれば、ある商品を楽天内で検索した際の検索結果は、レビュー数の多い物順に並んでいます。しかも、お客さんはレビューをよく読みます。「非常に対応が良かった」などと書かれていると、本の少し位料金が高い位であれば、そちらで買う場合もあります。その逆もまた然りです。
  • モール内でも広告を出稿する
    実は、モールの中でも広告枠というのは存在します。例えば先程の楽天の例で言うと、レビュー数順に表示されると言いましたが、検索結果の上位の方は「PR」と頭についてあり、それは広告費を払っているショップさんの商品が優先的に表示される仕組みです。

以上の通り、モール店であったとしても、黙っていてもお客さんが集まるわけではなく、場合によっては広告費が必要であったりもするのです。

つまり、プラスアルファの費用が掛かる可能性があるという意味では、モールも独自店も変わりはありませんから、やはり低予算でということであれば、独自店の方が費用を抑えられるのは確実です。

javari

ネットショップ向き、不向きの商材

ネットショップは24時間365日、日本全国に向けての運営が可能、初期費用が実店舗と比較すると低コスト…などの理由から、参入する企業が大変増えてきました。

しかし、大きな期待感を持って始めてみたものの、なかなか運営が軌道に乗らないというケースも多く見受けられます。理由は様々考えられますが、今回は「商材の向き、不向き」という視点にてネットショップの運営を考えてみたいと思います。

そもそも、ネットショップの商材には向き不向きが存在します

まずはこの事をよく理解しておく必要があります。24時間365日、日本全国に向けて商品が販売できるからと言って、何でもお店に並べたら売れるというものではありません。商材には向き、不向きが存在します。

ネットショップの商材としての向き、不向きを判断するためには「実店舗」との対比をしてみることが有効です。現代人は日常生活において「実店舗」と「ネットショップ」を巧みに使い分けています。この両者の使い分けを理解することが、商材としての向き不向きの正しい判断に繋がり、成功するネットショップ構築のはじめの一歩となります。

実店舗とネットショップの比較

ネットショップの商材としての向き不向きは、実店舗で販売した場合との違いを比較すると自ずと見えてきます。実店舗で買い物をする場合、その商品は、

  • 直接見たり、触れたり出来ます
  • 店員さんからの接客を受けることが出来ます
  • 商品を即日受け取り、持ち帰ることが出来ます

逆にネットショップでは上記の全てを行うことが出来ません。つまり、ネットショップに向いている商品は

  • 直接見たり、触れたり出来る必要がないもの
    商品のスペック(性能や特徴)を知る必要がない、もしくは購入者が既によく知っているもの
  • 店員さんからの接客が必要ない、もしくは接客されたくないもの
    同じく商品についてよく知っている、もしくは購入すること自体を人に知られたくないもの
  • 商品を即日受け取る必要がない、もしくは持ち帰りたくないもの
    すぐに必要としない商品や、持ち帰りが不便なもの(重たい、かさばるなど)

上記は例の一部ですので、もちろんこれら以外にもたくさんあります。その商品を実店舗で購入する際の状況を想像し、それが必ずしも必要としないものや、それらが購入者にとってはむしろ好ましくないものなどが、ネットショップの商材としては向いていると言えます。

ネットショップの商材として向いているもの

  • 家電、パソコン本体、パソコンパーツなど
    全ての消費者に共通するわけではありませんが、これらに対しての一定の知識を持っている消費者であれば、直接見たり触れたりする必要もなく、表記されている情報だけで判断出来ます。インターネットであれば他店との価格比較も容易なため、ネットショップ向きと言えます。
  • コンプレックス商品など
    コンプレックス商品とは、消費者のコンプレックスを解消するためのグッズです。例えば育毛剤、ダイエット商品、体臭・口臭解消グッズなどです。カウンセリングを受けて購入したいという消費者も存在しますが、それを購入しているという事実を誰にも知られたくないと場合も多々あります。顔の見えないネットショップでは密かに手に入れたい商材が向いています。
  • 重量のある商品
    重量があり、持ち帰るのが大変という商品も世の中には多く存在します。日用品ではお米や水、見て、触れる必要がないと言う消費者は家具などの大きなものを購入したりもします。また、少し変わったところで言えば「金庫」が大変売れているという話もあります。玄関まで直接運んでもらえるというメリットがあるものもやはりネットショップ向きと言えます。

ネットショップの商材として向いていないもの

  • アパレル商材、靴
    直接見て、触れて購入したいものの代表格です。一般的にはネットショップには不向きな商材として考えられています。
  • 日用雑貨品
    近所で手軽に手に入れられる商品の場合は、時間もかかり、場合によっては送料も掛かるネットショップでの販売は向いていないと言えます。
  • 食料品
    食料品の購入は不安を感じるという消費者は多く存在します。やはりこちらも向いていないと言えます。

新たな発想や工夫で「不向き」を「向き」へ

上記では一般的に考えられる向き、不向きについて説明しましたが、近年のネットショップにおいては「不向き」と説明した商材の多くがネットショップ上で販売されているのを多く見ることが出来ます。

「不向き」とは言っても、発想と工夫次第で売れる商品として成功した例もたくさんあります。

例えば靴ですが、サイズはメーカーによって多少の違いがあるため、実際の履き心地を試さないと買えないと言われる代表格ですが、無料で返品対応するなどの工夫で安心して購入できるようにしたもの。
例:Amazon運営の靴専門店「Javari

例えば購入に不安を感じる「食料品」では、むしろ近所のスーパーでは買えない産地直送で新鮮、無添加…など、逆にネットショップだからこそ大きなメリットを受けられるようにしたもの。ネットでしか手に入らない貴重な食料品の販売などもあります。
例:有機野菜など安心食材の定期宅配「Oisix

ネットショップ運営で大切なこと

今回は商材の向き不向きについて説明しましたが、これらは全ていわゆる一般論です。不向きと言われる商材でも成功した例もあるように、発想と工夫次第でネットショップならではの販売を実施することも可能です。

しかし、それらはそもそもこの「向き、不向き」言い換えれば「実店舗とネットショップ」の性質の違いを深く理解し、実店舗では実現困難な内容をネットショップで実現し、その一方でネットショップでは実現困難な内容をを発想と工夫でカバーしていると言えます。

そういった意味では、実店舗でもネットショップでも消費者のニーズを的確に捉える事が成功の秘訣であると言えるでしょう。

about

当ブログについて

当ブログ「ECコンサルタントのブログ|金猿日記」は、ECサイト(ネットショップ)をこれから始めたいという方向けに、ECサイトの構築、運営ノウハウ、お勧めのASPやプロモーションツールなどの情報ブログです。

内容はこれからECサイト運営を始めたいと考える初心者向けですが、既にECサイト運営をされている方にも役立つ情報を掲載していきます。

ASP(ネットショップ構築システム)選びは

初心者にお勧めのネットショプシステム

ネットショップの運営は

ECサイト運営

ネットショップ運営に関する用語は

ECサイト用語集