カテゴリー別アーカイブ: ③ECサイト運営

image

MakeshopでのGoogle Analytics設定方法

MakeShop(メイクショップ)におけるGoogle Analyticsの設定方法及び、コンバージョン(目標)の設定方法を説明します。

Google Analyticsの設定方法

近年では2通りの設定方法があります。いずれの方法でも可能ですので、好みの方法で結構です。

STEP①

今回はMakeShop上での設定方法を中心に説明します。よってGoogle Analyticsの操作方法等の詳細は割愛しますが、まずはGoogle AnalyticsでのWEBサイトの登録は完了しておきましょう。

STEP②

MakeShopの管理画面にログインした状態で

プロモーション > タグの設定 > アクセス解析用のタグの設定 と進みます。
※下図参照

STEP③

ここで2通りの方法があります。

  1. ウェブプロパティIDを入力
  2. トラッキングコードを入力

先にも述べましたが、いずれの方法でも同じ結果が得られます。従来の方法は2番目の「トラッキングコード」の入力です。ウェブプロパティIDは入力内容が短いので簡単そうに見えますが、を入力する場合はモバイルサイト用に改めて別のIDをGoogle Analytics上で取得する分だけ手間が掛ります。

また、もしも複数人でAnalyticsのデータを取得したい場合、もちろん管理人を追加するという方法で共有すれば可能ですが、別々にデータを取っておきたい場合は「トラッキングコード」の入力の方法で、2つ分のコードを続けて入力しておくと、2者が同時にデータを取得できるという方法があります。

このように、得られるデータ結果は同じでも、運用上の多少の違いがありますので、より適した方法で設定すると良いでしょう。

コンバージョン(目標)の設定方法

ECサイトにおけるコンバージョンとは主に「注文」続いて「会員登録」「問い合わせ」などがあるかと思いますが、せめて「注文」の設定くらいはやっておきたいものです。

コンバージョンの設定は以下の通りです。

STEP①

Google Analyticsにログインした状態で

Analytics 設定 > プロファイル設定 と進みます。

STEP②

「目標」という項目で「目標の追加」をクリックします。

STEP③

  1. 目標名:「注文完了」と入力
    ※判り易い任意の名称でOKですが、例ではより分かり易いようにMakeShopの呼称と一致させました。
  2. 有効な目標:オン ※デフォルト状態
  3. 目標の位置:セット1、目標1 ※デフォルト状態
  4. 目標タイプ:URLへのアクセス
  5. マッチタイプ:前方一致
  6. 目標URL:「/ssl/orderin.html」と入力
  7. 目標値:1.0 ※任意で入力

以上でコンバージョン数(注文件数)のデータ取得がAnaltics上で可能な状態になりますが、サイトの分析をより詳しく行うためには合わせて「目標到達プロセス」の設定も行っておきましょう。

目標到達プロセスとは?

一般的にWEBサイト上では、ある目標に到達するためにはいくつかのプロセスが必要です。

ネットショップを例に挙げると、以下の通りとなります。

  1. 商品を見る
  2. 買い物かごに入れる
  3. 送付先の入力をする
  4. 決済・配送方法選択をする
  5. 注文内容家訓をする

少なくともこの5つのステップが必要です。単純な例を挙げると、買い物かごに商品を入れたものの、やっぱり途中で買うのを止めてしまうお客様もいます。

こちらの設定をしていれば、そういったお客様がどれくらいいるのか?どのステップで止めてしまったのか?そのような情報を得る事が出来ます。それにより、サイトの使い勝手や表記方法を工夫して、取りこぼしを減らすなどの対策に役立てる事が出来るのです。

MakeShopでの「目標到達プロセス」設定方法

先ほどの目標設定の続きで、「+ はい、この目標の目標到達プロセスを作成します」という箇所があるのでクリックします。

  1. ステップ1:送付先の入力
    「/ssl/?ssltype=order&db=●●」
    ※●●の箇所にはショップ毎に割り振られたIDなどが入ります。
    一番簡単な調べ方は自分のショップでなんでも良いので商品を買い物かごに入れて「送付先の入力」まで進んで下さい。URLをみると上記内容が確認できます。
  2. ステップ2:決済・配送方法選択
    「/ssl/orderpay.html」
    ※こちらは全員共通ですので、上記をコピペしてもOKです。
  3. ステップ3:注文内容確認
    「/ssl/orderin.html」
    ※こちらも同様に全員共通です。もちろんコピペしてもOKです。


※画像をクリックすると拡大出来ます。そちらで確認すると分かり易いと思います。

以上で目標到達プロセスの設定は完了です。

eccube

EC-CUBEのGoogle Analytics(グーグル・アナリティクス)設置方法

EC-CUBEでは残念ながらデフォルトでは「Google Analytics(グーグル・アナリティクス)」を簡単に設置する機能はありません。したがって、設置をしたい場合は直接ソース内に書き込む必要があります。

Google Analyticsのコードは全ページに設置する必要がありますので、簡単な方法としては「フッター」に直接書くという方法があります。フッターであれば全ページに共通して表示されるので、後からページを追加してりしても再度コードを設置するなどの手間もかかりません。

具体的な方法

※手順はEC-CUBE2.1系ですが、基本的には大きく変わりはないので他のバージョンでも応用できると思います。

  1. 「Smarty」>「templates」>「使用中のテンプレート名のフォルダ」と進む
  2. フォルダ内の「footer.tpl」を開く
  3. 「<!–▼FOOTER–>」から「<!–▲FOOTER–>」の間にAnalyticsのコードを貼り付ける
    ※場所は基本的にどこでも良いです。
  4. 「footer.tpl」ファイルを保存してアップロードする

以上で設置は完了ですが、念の為にWEB上でサイトを表示し、ソースを直接確認するとよいでしょう。またGoogle Analyticsへのデータの反映は翌日からですので、Google Analyticsの管理画面上で正常に機能しているかどうかを確認しましょう。

Google Analytics目標の設定方法

せっかくAnalyticsを設置するのであれば、目標の設定もしておきましょう。目標とはしばしばコンバージョンと呼ばれ、そのサイトでの目標を意味します。

目標には数種類あります。ECサイトの場合では大半が「商品の購入」ですが、続いて「会員登録」や「問い合わせ」も挙げられます。EC-CUBEでの設置は以下の通りとなります。

注文完了の目標設定

  • Analytics 設定 > プロファイル設定 > 目標設定
  • 目標名:注文(任意の名称を付けれます)
  • 目標タイプ:URL へのアクセス
  • マッチ タイプ:前方一致
  • 目標 URL:/shopping/complete.php
    ※実際のURLは http://ドメイン/shopping/complete.php となりますが、入力はドメイン以後だけとなります。

上記の設定内容で、もし注文が1つ入れば「注文」のコンバージョンは「1」と計測されます。
なお、より詳細なサイト分析を行いたい場合は「目標到達プロセス」の設定もしておくと良いでしょう。

注文が正式に完了するためには幾つかのステップが必要です。住所入力から決済方法の選択、注文内容の確認…これらのステップを全て経て、最後に「OK」をクリックして初めて注文が確定します。

この「目標到達プロセス」を設定しておけば、どのステップで訪問者が止めてしまった(離脱してしまった)のかを知ることが出来ます。それを受けてより使い勝手のよいサイトへと改善するために役立ちます。

目標到達プロセスの設定方法

  1. ステップ1
    URL:/cart/
    名前:カート画面
  2. ステップ2
    URL:/shopping/deliv.php
    名前:お届け先の指定
  3. ステップ3
    URL:/shopping/payment.php
    名前:お支払方法・お届け時間等の指定
  4. ステップ4
    URL:/shopping/confirm.php
    名前:ご入力内容のご確認
analytics

Google Analyticsとは?

Google Analyticsとは、米Google社が無償で提供する高機能なWEBサイトのアクセス数などの解析ツールです。

機能は非常に豊富ですので、日常的にすべての機能を使用することは少ないと思いますが、こちらのツールを使用して定期的にチェックしたい項目を列挙すると以下の通りとなります。

  • 訪問
  • ページビュー数
  • キーワード
  • 上位のコンテンツ
  • コンバージョン

上記の5点を定期的にチェックすることにより、WEBサイトの概ねの健康状態が把握できます。

それでは各項目の数値をどのように見ていけばよいかを具体的に説明していきたいと思います。

訪問

「訪問」とは、そのサイトに訪れた人数を表します。各自のパソコンの設定(データが取得されること拒否をしている)などにより、計測されないなどのケースもありますが、そのような方は全体の中では少数派ですので、概ね正確であると捉えて良いでしょう。

基本的には訪問数が多いことは望ましいですので、サイト運営を行っていく上では定期的にチェックしておきたいものです。特に何かの広告をした、メディアに取り上げられたなどの時には増加数をチェックするとそれらのプロモーション活動の成否の判断材料となりえます。

ページビュー数

インターネット用語ではPVと省略されることも多いです。WEB担当者と呼ばれる方々の間では省略系で呼ばれることもしばしばです。意味としては「見られたページ数」となります。サイトの目的によっても異なりますが、訪問数よりもPV数によってそのWEBサイトの価値を判断される事もあります。

例えば以下のA、Bのサイトが存在したとします。

  • A:訪問・・・1,000、ページビュー数・・・1,000
  • B:訪問・・・500、ページビュー数・・・2,000

Aのサイトの方がBと比較すると2倍の訪問があります。お客さんがたくさん集まっていて一見より良いように思えますが、ページビュー数を比較するとBは2倍です。

もしも該当のWEBサイトがより多くのページ(コンテンツ)を見てもらいたいサイトであれば、Bの方が優秀なサイトであると言えます。その為、広告業界においてはページビュー数でWEBサイトの値打ちを語られることも多々あります。ページビュー数は、広告の露出回数と置き換えられる事が言えるからです。

多くのサイトにおいて言えることは、やはりページビュー数が多い方が、訪問者が多くのコンテンツに対して興味を持ってサイト内を閲覧しているということですので、「良い」と言える傾向にあります。しかし、時にはサイトのナビゲーション(各ページへの誘導方法)が悪いため、訪問者が迷って無駄にページビュー数を稼いでしまっているという事もあり得ます。各サイトの現場に応じて適切な分析を行う必要があります。

キーワード

キワードとは、検索エンジン(Google、Yahoo)において訪問者が検索に使用したキーワードです。キーワードからは訪問者の目的が読み取れたり、現在そのサイトがどのようなキーワードで検索エンジンの検索結果で表示されるのかをつかみとることが出来ます。

検索エンジンからの流入は、全体の訪問者数の中では大きな割合を占めるケースがほとんどですので、キーワードを知ることはとても重要なことです。

上位のコンテンツ

上位のコンテンツとは、そのサイトの中のコンテンツ(ページ)の中でたくさん見られているコンテンツの事を指します。訪問者が特に興味を持って閲覧しているページを知ることが出来たりもします。

別のケースでは、上位のコンテンツは特定の「キーワード」で検索結果の上位に表示されている事も多々あります。検索結果は必ずしもサイトのトップページのみが表示されるわけではありません。末端の1ページも表示されるのです。そのページが何らかしらの理由で特定のキーワードにて上位表示されるため、結果的に多く閲覧されているのです。

いずれにせよ、サイト内で閲覧数の多いページというのは知っておくことによりメリットはあります。例えばそのページが結果的に閲覧数が多いのであれば、本来見て欲しいコンテンツを追加したり、見て欲しいコンテンツのページへのリンクを設置して誘導するなどです。

コンバージョン

コンバージョンとは、そのサイトの最終目的のことを指します。最終目的はサイトの種類によっても異なります。コーポレートサイトの場合は「問い合わせ」であったり、ECサイトの場合は「商品購入」です。

コンバージョンの計測には追加の設定が必要です。詳細な設定方法は別の機会に触れますが、簡単に説明すると、目的が達成された際に表示されるように設定されているページに、タグと呼ばれるGoogle Analyticsから発行されるコードを設置するのです。

「問い合わせ」であれば、メールの送信ボタンをクリックした後に表示されるようにしている「お問い合せありがとうございました」というページ。「商品購入」であれば、「ご注文ありがとうございました」というページになります。それらのページが表示されたことにより、サイトの最終目的が達成されたとみなされて、コンバージョンは「1」発生されたとカウントされるのです。

ちなみに、コンバージョン数÷訪問者数=コンバージョン率(CV率・CVR)と呼ばれます。この値はサイトの健康状態、特にはナビゲーション(サイト内の誘導)もしくは、サイトコンテンツの質が良いか悪いかの判断に用いられたりもします。ECサイトにおいては、一般的に1%以上が健全なサイトであると言われています。つまり100人の訪問者がいて、その内1人以上お買い物してくれるということです。

ただし、この数値も取扱い商品の種類(希少性や人気度)によっても大きく変動しますので、それぞれのサイトの適正値を知り、それを基準に評価していくことが重要です。

Google Analyticsに関する詳細は公式サイトでも確認することが出来ます。
http://www.google.com/intl/ja/analytics/

image

検索結果(順位)とクリック率

検索結果(順位)とクリック率に関する調査を行ってみました。情報ソースは取引のあるSEO業者、海外の調査会社などです。それらのデータをまとめて算出しています。従って、参考程度に考えて頂けると幸いです。

検索順位/クリック率

  1. 45%
  2. 15%
  3. 10%
  4. 5.5%
  5. 5%
  6. 4%
  7. 2.5%
  8. 3%
  9. 2%
  10. 3%
  11. 0.5%以下

基本的に順位が下になるに従ってクリック率は低下します。7位以下でやや規則的でないクリック率の前後が見られますが、基本的には上位であるほどクリック率が高いという事が伺えます。

1位のクリック率はは45%と、2位の15%の3倍と圧倒的です。サイト運営者がやっきになって検索順位を向上させようと考えるのもうなずけます。このデータが正しい場合は、検索者の全体数×クリック率=訪問者数 となりますから、サイトからの問い合わせ、ひいては業績に大きく関わるポイントとなり得ます。

検索結果は主要検索エンジンのGoogle(日本ではYahooも現在ではGoogleを使用)の決めた独自のアルゴリズム(検索結果を決めるルールのようなもの)に従い、決定されています。

その内容は絶対に極秘ですが、一般的には以下の条件で決まっていると言われます。

  • 外部サイトからのリンク数が多いこと
    他のサイトからリンクされているという事は、他者に紹介されていると言う事=優良なサイトであるとの評価
  • インデックス数(Googleに認識されているページ数)が多いこと
    ページ数が多いということは、内容の厚いサイト。薄いサイトよりは良いだろうとの評価

SEO対策と言えば多くが上記の2点を充実させる事が一般的です。

lg

商品の写真撮影代行サービス

URL:http://photo.omakaseshop.jp/

ネットショップ運営においては商品の写真撮影が非常に重要な場合も多々あります。特に食品や衣服、アクセサリーでは写真のイメージは非常に説得力を持つことが出来ます。飲食店がメニューの写真に大変こだわるのと同じです。

しかし写真の重要性は理解できても、実際に上手に撮るのは意外と難しいものです。そんな時に使えるのが「商品撮影サービス」です。これまでもプロのカメラマンに直接依頼するという方法もありましたが、費用としては安いものではありませんでした。スタジオレンタルからカメラマンへの報酬を含めると、数十万~の費用がかかることも珍しくありません。

近年ではそれを専業として低コストで実施してくれるサービスがあります。お勧めはGMOメイクショップの提供する「商品撮影サービス」です。5カット1,400円(1カットあたり280円)から撮影可能です。商品が衣類やアクセサリーなどでモデルを使用した場合でも5カット2,000円です。

申し込み方法はネットショップでお買い物をするように該当する内容を選択し、代金の支払が完了すれば撮影に関する詳細を説明(記入シートが提供されます)します。その後指定住所に商品を送り、撮影が完了すればデータと商品が返送されます。追加オプションとして画像加工(切り抜き)なども可能です。貴重な時間を慣れない写真撮影に苦労するよりも、低コストでプロの仕上がりを手に入れたい方にはお勧めです。

img

PPC広告を始めよう

ネットショップをオープンしただけではお客さんは来てくれません。何故なら、そのお店の存在を誰も知らないからです。普通の店舗と同じように、お店をオープンしたことを告知しないと来客は見込めません。確かにインターネット黎明期でネットショップの数自体が少なかった頃は、特に何もしなくともある程度の来客を望めた時代もありました。しかし膨大な数のWEBサイトが存在する現在においては、非常に困難な状態です。

そこでお勧めしたいのがPPC広告です。

左図はあるサイトの訪問者数をグラフ化したものです。PPC広告を出稿した直後からサイトへの訪問者が急増していることが確認できます。広告配信直後から成果が現れるのも人気の理由の1つです。
PPC広告は費用対効果も高い

PPC広告が人気の理由は他にもあります。テレビや新聞の広告は、不特定多数の人間に配信する事が可能ですが、必ずしもその情報を必要としている人に対してピンポイントに広告を露出することは出来ません。

しかし、PPC広告は「検索連動型広告」とも呼ばれます。ユーザーが何か情報を探したいと思う時にとる行動は、GoogleやYahooなどの検索エンジンにキーワードを入力して検索する事です。PPC広告はこの時に使われる「検索キーワード」に応じて表示・非表示が設定できます。例えばコーヒー豆を販売したいと考えた時に、「コーヒー 通販」と入力した場合のみにその広告を表示させるという事も可能なのです。そして、表示だけでは料金は掛かりません。その広告がクリックされ、訪問者がサイトに訪れた場合に料金が発生するのです。商品に対しての購買意欲の高い人がサイトに訪れて初めて広告費が発生します。

このように、売上に直結しやすいことから費用対効果が高い広告としても人気が高いのです。

費用対効果(ROI)の算出も簡単

 

PPC広告(ROIをチェック)

初心者にはYahoo!のPPC広告がお勧めです。

yahoo

PPC広告とは?

PPC広告とは Pay Per Click の頭文字を取ったもので、クリック課金制の広告の事です。別名リスティング広告とも言われます。インターネットで広告を出すという時には、最も導入しやすい広告と言えるでしょう。

こちらはYahoo!で『ECサイト』と入力して検索した場合の検索結果です。赤い枠線で囲んだ箇所は全てこのPPC広告枠となります。

既にこのような広告を利用している会社にお勤めの方や、業界の人間は広告と分かっているのですが、一班の方々にはまだまだそれがこくこくであると気づいていない人も実に多く存在するので、あえて再確認してみました。

PPC広告の概要

  • 表示されるだけでは課金されない
  • クリックされて始めて課金される(1クリックあたり1円~)
  • クリック単価は入札制度
    (1クリックあたりの広告費を多く払うと宣言している方が上位表示される傾向にある)
  • 日毎、月毎の予算上限を設定する事が出来る
  • クレジットカードによる広告費の支払いを選択すれば、即日の広告掲載が可能

PPC広告は初心者の方にも一番導入しやすいインターネット上の広告手段です。先に述べたように、日毎の予算も設定できるため、例えば1,000円からでも広告を出すことが可能です。

具体的な使用方法に関してはまた別途紹介しますので、まずはアカウントの登録だけしておくのが良いでしょう。登録だけならお金は掛かりません。

Yahoo!のPPC広告:http://listing.yahoo.co.jp/
GoogleのPPC広告:http://adwords.google.co.jp/

初心者の方にはYahoo!のPPC広告がお勧めです。