無料メール・フト Thunderbird - Windows 7 対応メール・フトの決定版

サンダーバード(Thunderbird)の動作が重い時の解消方法


サンダーバード(Thunderbird)の動作が重い時の解消方法ECコンサルタントのブログ|金猿日記メールソフトのサンダーバード(Thunderbird)は使用し続けると動作が重くなってくる事があります。

その原因の1つと考えられるのがThunderbird3以降から機能追加された「検索機能」です。この機能はサンダーバード内のメールを検索する際により効率的に検索をするためにメールの情報をインデックス化します。インデックス化とはデータの整理方法の1つで、メールソフトを使えば使うほど、それ自体もデータをため込んでいきます。

長期間にわたり使用している場合、このデータが肥大化し、それを読み込むための時間も長くなり、動作が重くなってしまうと言う事があるようです。

動作を軽くするための2つの方法

サンダーバードの動作が重い原因が、先ほどのインデックスデータが肥大化している場合、次の2つの方法が有効に働く可能性があります。

  1. インデックスデータ(SQLite)の削除
  2. インデックスデータ(SQLite)の最適化

インデックスデータ(SQLite)の削除方法

このデータは「global-messages-db.sqlite」というファイル名で保存されています。サンダーバード未使用の時点では数キロバイトのサイズですが、使い続けているどんどん大きくなります。

ファイルの場所はOSの種類によって異なりますが、以下の方法でその場所を見つける事が出来ます。

Windowsの場合

  • Windows Vista/7
    スタートボタンをクリックし > 「プログラムとファイルの検索」に以下をコピー&ペーストしてそのまま待つ
    %APPDATA%\Thunderbird\Profiles\
  • Windows XP
    スタート ボタンをクリック > ファイル名を指定して実行 を選択、以下をコピー&ペーストで「OK」をクリック
    %APPDATA%\Thunderbird\Profiles\

Mac OS X の場合

Finderを開く > ホームフォルダ(通常はユーザー名) > Library > Thunderbird > Profiles

上記の方法で探し出したフォルダの中に、「global-messages-db.sqlite」というファイルがあるので、こちらを削除します。

これでOKですが、そのまま使い続けると、サンダーバードはこのファイルを自動的に再構築していきますので、それを望まない場合は「グローバル検索と索引データベース」を無効化する必要があります。

「グローバル検索と索引データベースを有効にする」を解除する方法

  1. サンダーバードを起動します。
  2. ツール > オプション と進みます。ポップアップで「オプション」が表示されます。
  3. 詳細 > 「一般」タブ
  4. 高度な設定の「グローバル検索と索引データベースを有効にする」のチェックを外します。

以上で、今後はインデックスデータが作成されなくなります。

インデックスデータ(SQLite)の最適化

これにはサンダーバードのアドオンを使用したいと思います。

ツール > アドオン より、「SQLite Manager」を検索、インストールしてサンダーバードを再起動します。

ツールメニューの中に「SQLite Manager」が追加されているのが確認できれば、そちらをクリックします。※ポップアップで開きます。

左上の「フォルダ」のアイコンをクリック、上記「インデックスデータ(SQLite)の削除方法」で記した「Profiles」のフォルダの中から「places.sqlite」を選択すると以下の画面に。

 

  1. 「SQL実行」タブを選択
  2. 「SQLを入力」に「vacuum」と入力
  3. 「SQLを実行」をクリック

以上、これらの方法はサンダーバードの重さを解消する可能性の1つです。また、これによりPC、サンダーバードの動作に影響が出てしまう事もあり得ますので、自己責任で慎重に実施する事をお勧めします。

 

サンダーバード(Thunderbird)の動作が重い時の解消方法」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: Thunderbirdが重いので調べてみた « 孤軍奮闘

  2. ピンバック: Thunderbirdが重くなった | Sunshine of your love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です