タグ別アーカイブ: ツイッター

DL151

スパム解除方法|Found a funny picture of you! (URL)

Found a funny picture of you!というDMに注意!

Found a funny picture of you!というDMはスパム(フィッシングサイトへの誘導)です。Twitterのスパムではもはや典型的な手法になりつつあります。

意味は「あなたの変な写真を見付けました。(URL)」、このようなDMを受けるとついついURLをクリックしてしまいます。

このURLをクリックすると次のような画面に遷移します。

見た目はTwitterのログイン画面。この手法は最近ではかなり典型的な手口です。例えTwitterに既にログインしていても、この画面が出てしまうと、ログインしていなかったのかと思い、その写真はTwitter上にUPされていて、見るためにはログインをしないといけないんだと思ってしまいます。

そしてユーザー名とパスワードを入力してしまうのです。

ユーザー名とパスワードを入力するとどうなってしまうのか?

  • ユーザー名とパスワードを盗まれてしまう
  • 相互フォロー関係の友人に対してこのDMの配信者になる。つまりは加害者に。

※URLを踏んだだけで、ユーザー名とパスワードを入力をしていない場合は大丈夫です。

スパムを踏んでしまった時の対処方法

ユーザー名とパスワードを入力してしまった場合には以下の対処方法を実施しましょう。

  • Twitterのパスワードを変更する
  • 同じユーザー名・パスワードの組み合わせの他のサービスのパスワードも変更する
  • 送ってしまったDMを削除する
  • より誠意をもって対応するなら送ってしまった方への謝罪と、注意を促す。
    もしもそちらの方も既にユーザー名・パスワードの入力をしてしまっていたら、対処方法を共有してあげるとなお良いでしょう。

要するに、Twitterのログインに使用している「ユーザー名」と「パスワード」の組み合わせを盗まれているわけですから、その情報でログイン出来るサービスは危険性があるということが言えます。オンライン銀行などは特に注意したいものです。

現在のところ、ツイッターのスパムは英文でのDMでが多い傾向にありますので、友達からのDMであったとしても、用心のためにクリックしない方が安全そうです。

このスパムは「I saw a real bad blog about you, you seen this? (URL)」とほぼ同じです。用心のために合わせて確認しておくと良いでしょう。

参考:スパム解除方法|I saw a real bad blog about you, you seen this? (URL)

image

スパム解除方法|I saw a real bad blog about you, you seen this? (URL)

I saw a real bad blog about you, you seen this? (URL)というDMに注意

このようなDMが届いたら、その送信者はTwitterスパムを踏んでいます。こちらはフィッシング詐欺の典型的なパターンです。

タイトルの通り英語のDM内容で、その意味は「あなたの悪口が書かれているブログを見つけました、知ってる?(URL)」ですので、意味が理解できればいかにも気になってしまいそうな内容です。

さて、このメッセージの最後のURLを踏んでしまうと、次のような画面に遷移します。

見た目はTwitterのホーム画面とそっくりですが、URLに注意してみると「twittelr.com」となっており、似ているけど違うということが分かります。ユーザーはログインしていない、もしくは何らかしらの影響でログアウトしてしまったと勘違いしてしまい、ユーザー名とパスワードを入力してしまいます。

ユーザー名とパスワードを入力するとどうなってしまうのか?

  • ユーザー名とパスワードを盗まれてしまう
  • 相互フォロー関係の友人に対してこのDMの配信者になる。つまりは加害者に。

※URLを踏んだだけで、ユーザー名とパスワードを入力をしていない場合は大丈夫です。

スパムを踏んでしまった時の対処方法

ユーザー名とパスワードを入力してしまった場合には以下の対処方法を実施しましょう。

  • Twitterのパスワードを変更する
  • 同じユーザー名・パスワードの組み合わせの他のサービスのパスワードも変更する
  • 送ってしまったDMを削除する
  • より誠意をもって対応するなら送ってしまった方への謝罪と、注意を促す。
    もしもそちらの方も既にユーザー名・パスワードの入力をしてしまっていたら、対処方法を共有してあげるとなお良いでしょう。

要するに、Twitterのログインに使用している「ユーザー名」と「パスワード」の組み合わせを盗まれているわけですから、その情報でログイン出来るサービスは危険性があるということが言えます。オンライン銀行などは特に注意したいものです。

現在のところ、ツイッターのスパムは英文でのDMでが多い傾向にありますので、友達からのDMであったとしても、用心のためにクリックしない方が安全そうです。

twitter

When I found this about you I could not stop laughing haha (短縮URL)スパムの解除方法

最近、TwitterのDMで「When I found this about you i could not stop laughing haha (短縮URL)」というメッセージの内容のスパムが発生しているようです。このスパムに関する情報が少ないため、実際にスパムを経験した人からの話を元に解除方法を説明してみます。

DMのメッセージに注意!

まず、自分と相互フォローの関係にあるフォロワーさんから以下のメッセージが届いたらそれはスパムです。

When I found this about you i could not stop laughing haha (短縮URL)

最後の短縮URLをクリックするとTwitterのログイン画面が表示されるそうです。そのログイン画面はレイアウトが崩れている、中途半端な画面であるのが特徴のようです。※画像は入手できていません。

短縮URLをクリックするだけでスパムに感染

どうやらこちらのスパムは先ほどの(中途半端な)ログイン画面が表示されただけで感染してしまうようです。「ユーザー名」「パスワード」を入力したり、「アプリケーション連携の許可」などをしなくとも、開いただけで感染するらしいです。

ただし、この情報のウラは取れていません。感染者本人は「絶対にユーザー名とパスワードを入力していない!」と主張しているので、そのように推測しているだけです。

真偽の程はともあれ、用心のためにも先ほどのDMのリンクは絶対にクリックしてはいけません!

未確認の情報ですが、iPhoneでリンクをタップしてしまった人は何の影響もなかったとの情報もあります。ひょっとするとパソコンのインターネットブラウザのみ感染してしまうのかもしれませんが、いずれにせよ、クリックしないようにしましょう。

スパムに感染してしまったら

スパムに感染してしまったら、今度は自分が相互フォロー関係にあるフォロワーさんに対して、先ほどのDMを送り続けてしまうようになります。もちろん、フォロワーさんがそのリンクをクリックしてしまうと、今度はその方もスパムの発信者になってしまう可能性があります。

スパムの解除方法

次の2つの作業が必要です。

  • Twitterにログインするためのパスワードを変更する
  • 送ってしまったDMを削除する

パスワードを変更する事により、スパムDMの発信が止まるようです。また、被害が拡大しないように自分から送ってしまったDMを削除しましょう。より親切に対応するのであれば、自分のフォロワーさんに対して「リンクをクリックしてしまったか」を聞いてみましょう。もし、クリックしてしまった人がいれば合わせて解除方法とその事後処理を共有してあげるのも良いと思います。

mobsterworld

Twitter(ツイッター)のmafia(マフィア)スパム解除方法

これが流行ったのはかなり前の事(確か2009年の夏から秋)今から1年近く前です…しかし未だにマフィアスパムDMを目にするので改めて解除方法を書いてみようと思いました。

個人的にはそんなに迷惑していないのですが、それが原因でせっかくのフォロワーさんがいなくなってしまうと困るという人もいると思いますので、出来れば解除したほうが良いかと思います。

そもそもマフィアスパムとは?

自分のフォロワーさんから次のようなDMが届いたら、それがマフィアスパムです。

「Hey, I just added you to my Mafia family. You should accept my invitation! :) Click here:http://sample.com」

日本語訳をしてみると…次のような内容だと思います。

「おい、ちょうどお前を俺のマフィアファミリーのメンバーに入れたところだ。この誘いは受け取らねぇといけないぜ。ここをクリックしな http://sample.com」

文末のURLをクリックするとこのような画面が表示されます。

「Click to Play Now!」をクリックすると以下の画面に遷移します。

ここで「許可」をクリックすると、その瞬間からスパム開始です。冒頭の「Hey…」のDMを今度は自分が自分のフォロワーさんに対して配信するようになるのです。

一度こういう状態になってしまったら、次の2点を行う必要があります

  1. DMをこれ以上配信しないようにする
  2. 既に送信してしまったDMを削除する

「1. DMをこれ以上配信しないようにする 」ための手順

下記の画像の手順で「アプリの連携」を取り消します。

※この画像は手順を説明するために作成したものです。

「許可を取り消す」をクリックすると、その文字が「許可を取り消すことを元に戻す」というやや不自然な日本語が表示されます。「はい」や「Yes」ボタンを押したりもしないため、処理が不完全な気もしますが、その状態で正常な処理がされています。

不安であれば、一度別のページに移動して再度このページに戻れば一覧から消えているのが確認できます。

「2. 既に送信してしまったDMを削除する 」ための手順

「ダイレクトメッセージ」>「送信」と移動して、各DMの右下の「削除ボタン」をクリック

以上でマフィアスパムの解除方法となります。 今後もTwitter(ツイッター)を狙ったスパムは増えていくと思いますので用心しましょう。