PCゲーム

アルピエルの推奨スペック。グラボなし低スペックPCはだめ?おすすめゲーミングPCはこれ!

 

学園生活を送るRPGとして2018年3月からサービスが開始されていた、PCゲーム「アルピエル」ですが、この度2021年の5月末をもってサービス終了が案内されました。

3年という月日に終止符を打つ悲しいお知らせが出ましたが、残り数ヶ月は楽しむことが可能です。

2月末を持って有償サービスは終了しますが、3ヶ月程度は無償サービスで遊ぶことも可能です。

有終の美を飾るアルピエルの最期を感じるために、今から開始してみるのも十分アリではないでしようか?

今回は、そんなアルピエルを遊ぶことのできるアルピエルを満足に動作させる推奨スペックを満たしたゲーミングPCの紹介と、アルピエルはグラボなしのPCで動作するのか?ということについて、余程酷い性能のPCでなければ動作はしますので、その点についても解説いたします。

公式サイト:アルピエル

アルピエルの必要動作&推奨スペックは?

公式の発表しているアルピエルの推奨スペックは下記の通りです。

最低動作環境
OS:Windows 7 32bit以上
CPU:Intel Core2 Duo 以上
メモリ:4GB以上
GPU:NVIDIA GeForce 8800 以上
HDD:8GB 以上

推奨動作環境
OS:Windows 7 64bit以上
CPU:Intel Core i5 以上
メモリ:8GB以上
GPU:NVIDIA GeForce GTS 250 以上
HDD:8GB 以上

アルピエルの公式サイトで公開されている必要動作環境を見ると3年前の2018年でも、ロースペックで遊べるRPGだったことが伺えます。

一応3DCGは使用しているゲームですが、ローポリゴンと呼ばれる頂点数の少ないPCにあまり負荷のかからないキャラクターが表示され、見下ろし型のマップなど(遠近は調整可能)そこまでハイスペックなゲーミングPCは、必要としないゲームです。

2021年に販売されているゲーミングPCであれば、エントリーモデルでも十分に推奨動作環境を満たしているものとなりますので、10万円ほどの値段で購入できるデスクトップPCならば、十分お釣りの来る性能が得られます。

流石に激安の殿堂で売られているような、タブレットに無理矢理キーボードを付けて、『これはノートPCだ』と言っているようなものは、おすすめしません。

 

アルピエルの快適プレイを叶えるPCスペックは?

アルピエルを快適に遊ぶにあたって、PCのパーツ毎にスポットを当てて紹介していきます。

 

グラボは?

まず、アルピエルの推奨動作環境で取り上げられている「NVIDIA GeForce GTS 250」の性能ですが、このグラボは2009年にミドルスペックのグラボとして発売されたものです。既に10年以上経過した代物なので、今であれば、CPUに内蔵されたグラボでも十分機能を満たすことができます。

なにせグラボに搭載されたビデオメモリ容量が512MBなのですから、今ビデオメモリ容量はGTX1650でも4GBからなので、時代の進化を感じます。

CPU内蔵型のGPUも進化していて最新であれば余裕で、この性能は越えられます。

しかし、CPU内蔵型のGPUは、ビデオメモリを内蔵していないので、必要とするメモリ容量はメインメモリから拝借する形になります。メモリ容量のあまり無いPCであれば支障が出るので、プレイできるからと言って快適であるとは言い難いです。

内蔵GPU型CPUに頼るよりも、しっかりとグラボを搭載したゲーミングPCがオススメです。GTX1650からでも動作しますが、GTX1660とそこまで値段が変わるわけでもないので、どうせなら多数のPCゲームに対応できるGTX1660を搭載したゲーミングPCを選ぶべきです。

 

CPUは?

推奨動作環境に書かれているCPUがCore i5とアバウトなものです。2018年時点でのCore i5というと、Coffee Lake 世代でcore i5 8600という型番のものが主流です。しかし、先程のグラボの推奨が2012年のものと考えると、もっと性能は低くても大丈夫かもしれません。

しかし、今わざわざ性能の低いグラボを購入するほうが難しいので、最新のcore i5 10400やRyzen 5 3500を搭載したPCであれば必要以上の性能が得られます。なにより、アルピエル以外のPCゲームも快適に遊べるようになるので、高い性能のCPUを買うに越したことはありません。

 

メモリは?

推奨動作環境で求められるメモリ容量は8GBとなっています。最近のゲーミングPCは、余程安物を買わなければ、16GBを搭載するものが主流となっていますので、あまり心配することは無いでしょう。

アルピエルでは、そこまでメモリを要求されるようなこともありませんので、多くのこだわりを持つ必要もありません。知識として、メモリ1枚挿しのものより、デュアルチャンネルという機能を活かした2枚挿しのものを選んだほうが、より快適な動作を得られますので、16GBのメモリを搭載するのであれば、8GBのメモリを2枚挿したゲーミングPCの方が、フレーレートも上がって快適な動作を得られます。

 

SSDは?

アルピエルのゲームをインストールするために必要な容量が8GBとなっているので、SSDの容量も通常のゲーミングPCを買うことを考えたら、そこまで神経質になることはありません。メインストレージに250GBや500GBのSSDを使っているものであれば十分です。

タブレットを無理矢理ノートPCに仕立て上げているようなPCは、メインストレージが64GBとか、128GB程度の容量しかないため、WindowsのOSと更新データを入れているだけでイッパイイッパイになるため、オススメはいたしません。

 

マザーボードは?

マザーボードは各パーツを繋ぐ中枢神経のような役割を持っています。マザーボードの性能が高いと、後々のPCパーツの拡張性が高くなるため、長く使えるPCとなります。

しかし、アルピエルを動作させるのであれば、そこまで気にかけるパーツではありません。ゲーミングPCを購入しておけば、とくに問題となるようなパーツは使われません。

先程紹介した64GBや128GBのSSDを使用したタブレットPCですと、eMMCと呼ばれるマザーボードからSSDを取り外すことができないタイプのものがありますので、注意が必要です。やはり、この点でも安いPCはオススメできません。

 

電源は?

電源についても、ハイエンドモデルのPCであれば、気にかける必要が出てきますが、アルピエルを快適に動作させるエントリーモデルのゲーミングPCであれば、そこまでこだわる必要はありません。

BTOPCを買えば、最近は80PLUS認証のブロンズクラスを取得した電源が使われているはずなので、特に問題となるものはありません。

 

ネット環境

アルピエルはオンラインゲームなので、PCのスペックは勿論のこと快適なネットワーク環境も必要です。スマホのテザリングでやるのも良いですが、できれば通信量を気にせず遊びたいものです。

ギガ放題プランも増えてきましたが、できればプロパイダと契約してブロードバンド環境は入手しておきたいですね。PCはアルピエル以外にも多くのネトゲで遊ぶことができるので、快適なネットワークを敷設しておいて損はありません。

またネットワーク環境を手に入れたら、高性能なルーターを使用すると、より快適な回線強度が得られます。無線でゲームをするならば、最新のWi-Fi6に対応するものが良いでしょう。

ゲーミングノートPCにもWi-Fi6の受信に対応していれば、より快適です。デスクトップPCでも、Wi-Fi6対応のWi-Fi子機または内蔵型のWi-Fiを購入すれば、かなり快適なネットワーク環境を手に入れることができます。

アルピエルを快適に動作させるゲーミングPCは、2021年であれば、エントリーモデルと呼ばれるゲーミングPCを購入すれば十分な性能を得られます。

 

アルピエルはグラボなし、低スペックPCで操作できる?

アルピエルは、かなり低いスペックのPCでも動作はするでしょう。

しかし、上述してきたように、タブレットを無理矢理にノートPCとしているような製品では快適なプレイとは言い難いです。なにより、安いからと言って買ったPCは、長く使えない物ですし、安物買いの銭失いとなってしまいます。

私も昔に、Eee PCと呼ばれるモバイルPCでネトゲをやったことがありますが、容量不足は深刻でしたし、すぐに壊れてしまい、結局ゲーミングPCを買い直しました。

そんな勿体ないことにならないように、しっかりとしたゲーミングPCを購入するべきと断言させていただきます。

 

アルピエルにおすすめのゲーミングPCはこれ!

今までの情報を踏まえてアルピエルにおすすめのゲーミングPCを紹介いたします。

 

デスクトップPCならGALLERIA RM5C-G60S

グラボはGeForce GTX 1660 SUPERを搭載しており、CPUもCore i5-10400を搭載しているので、アルピエルを動作させるには必要十分以上の性能を持っています。

メモリは16GBを搭載し、メインストレージのSSDも512GBを使用しております。このゲーミングPCを購入しておけば、最近のPCゲームも中画質程度であれば十分遊ぶことができます。

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=&mc=9812&sn=4223

 

ノートPCならGALLERIA GCL1650TGF

グラボは、GeForce GTX 1650 Tiを搭載し、CPUはCore i5-10300Hを搭載しております。メモリも16GBを搭載し、メインストレージも500GBのNVMe接続のSSDを使用しておりますので、アルピエルをプレイするのに十分な性能を持ったゲーミングPCです。

こちらはWi-fi6対応の無線LANを内蔵しているので、Wi-fi6対応のルーターを所有していればネットワーク環境も快適です。重量も2kg程度と軽いですし、持ち運びもしやすいゲーミングノートPCです。

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&mc=9294&sn=2987

 

まとめ

アルピエルは高性能なゲーミングPCは必要ありませんが、サービスもすぐに終了してしまうので、できれば他のPCゲームも快適に遊べるゲーミングPCを購入しておけば、より幸せになることができます。

アルピエルでフレンドとなった人たちと新たなゲームで遊ぶなんてことも考えられますしね。オンラインゲームで得られるのは、快適なゲーム体験以上に人との繋がりも得られるので、遊ぶに越したことはありません。

私も10年来のネトゲ友人もおりますので、ゲーミングPCを所有していて良かったと言えるところだと思います。

-PCゲーム

© 2021 金猿日記