PCゲーム

アサシンクリードオデッセイの推奨スペック。グラボなし低スペックPCはだめ?おすすめゲーミングPCはこれ!

 

今年11月に新作アサシンクリード ヴァルハラの発売が決定したアサシンクリードシリーズで、まだまだ人気のアサシンクリードオデッセイはDLCなども含めれば100時間以上は遊べる大作です。

PC版であれば美しいグラフィックと高いフレームレートで楽しむことも可能ですが、かなり負荷の高いゲームなのでそこそこのゲーミングPCでは遊ぶことは難しいゲームです。

そんなアサシンクリードオデッセイを遊ぶために推奨スペックを満たしたオススメゲーミングPCの紹介をいたします。また、グラボ無しのPCでも遊べるのか?ということを書いていきます。

公式サイト:アサシンクリードオデッセイ

 

アサシンクリードオデッセイの必要動作&推奨スペックは?

アサシンクリードオデッセイの推奨スペックを公式サイトを見て調査いたします。最低動作環境から、最高の画質である4K推奨スペックまで紹介いたします。

最低動作スペック(画質Low設定でフレームレート30fps以上)
OS:Windows7、8.1、10(64bit)
CPU:Intel Core i5 2400またはAMD FX 6300またはRyzen 3 1200以上
メモリ:8GB以上
グラボ:NVIDIA GeForce GTX 660またはAMD Radeon R9 285以上
ストレージ容量:46GB以上

推奨動作スペック(画質High設定でフレームレート30fps以上)
OS:Windows7、8.1、10(64bit)
CPU:Intel Core i7-3770またはAMD FX-8350またはRyzen 5 1400以上
メモリ:8GB以上
グラボ:NVIDIA GeForce GTX 970またはAMD Radeon R9 290以上
ストレージ容量:46GB以上

4K推奨動作スペック(4K環境で画質High設定で30fps以上)
OS:Windows7、8.1、10(64bit)
CPU:Intel Core i7 7700またはAMD Ryzen 1700X以上
メモリ:16GB以上
グラボ:NVIDIA GeForce GTX 1080またはAMD Vega 64以上
ストレージ容量:46GB以上

推奨スペックに出ているPCパーツは1世代、または2世代前なのでいまひとつわかりづらいかもしれません。今、推奨動作スペックを満たす環境であれば、CPUはCore i7-10700があれば十分です。

そしてグラボですが、GTX1060(6GB)で動作させた場合にはフルハイビジョンで最高画質にすると、フレームレートは40程度まで落ちてしまいます。RTX2070あたりならフレームレートは常時60fpsを超えることができます。

しかし、4K最高画質設定にしてしまうとRTX2070でも60fpsを割ってしまうんです。

つまり、4K環境で最高画質で高いフレームレートで遊ぶという選択肢を選ぶということであればRTX2080Tiを組み込んだゲーミングPCが必要となってしまいます。

 

アサシンクリードオデッセイの快適プレイを叶えるPCスペックは?

推奨スペックがわかったところで、今度はアサシンクリードオデッセイを快適に遊ぶために必要なPCパーツについて解説をしていきます。

 

グラボは?

グラボはゲームのグラフィックを計算し、描き続けるパーツです。グラボの性能が良ければ、それだけ美しいグラフィックを素早く描き続けることができます。

ゲームの設定で高画質でより解像度の高い画像を連続で描くためには、性能の高いグラボが必要になります。そして、アサシンクリードオデッセイはまるで本当にギリシア旅行をしているかのような気分になってしまうくらいギリシアの世界をしっかりと美麗に描いております。

最高画質の環境で遊べば、まるでギリシアの地に降り立ったような錯覚さえ覚えます。アサシンクリードオデッセイのグラフィックを味わい尽くしたいならば、4K最高画質の環境で楽しむべきです。

しかし、そうなるとグラボはRTX2080Tiが必要となります。ただ値段もかなり高いので、フルハイビジョン画質で楽しむ程度ならRTX2070以上のグラボは組み込みたいですね。

高画質で高いフレームレートで遊べないのならPS4やXbox Oneで遊べば良いのではないか?ということになってしまいます。

 

CPUは?

CPUはPC内の様々な処理を行います。ゲームではグラボで描いた画像を映し出すことにも一役買っております。CPUの性能が低いとグラボの性能が高くてもCPUが処理をしきれず、結局フレームレートも低くなり、思ったほどの動作が得られません。

性能の高いグラボを組み込むなら、CPUも高性能なものにするべきです。私もグラボをGTX1060からRTX2070のグラボだけ先行で挿し替えたことがありますが、CPUがCore i7-6700のときは思ったほど性能が伸びず、Ryzen 7 3700Xにしたら爆発的にフレームレートが上がったとこがあります。

これは後に書きますがマザーボードの性能も合わさってのことです。ゲーミングPCはパーツのバランスも重要なファクターになります。

4K最高画質を考えるなら、CPUはIntel製であればCore i9-10900を組み込み、AMD製であればRyzen 9 3900XTを組み込んだゲーミングPCが良いでしょう。RTX2070ならCore i7-10700かRyzen 7 3700Xで良いでしょう。

 

メモリは?

メモリについては、主に性能を見分ける術は、クロック数と容量になります。容量が多い方が良いのは確かなのですが、容量がある程度のラインを超えると、そこまでフレームレートが伸びなくなってきます。

メモリについては最近のPCゲームであれば16GBあれば十分ではあります。そして、クロック数は高ければ高いほど良いのですが、クロック数が高すぎても逆にレイテンシというメモリのアクセス速度が遅れることがありますが、クロック数3200Mhzを超えるようなメモリを選ぶときに考えれば良い要素ですのでレイテンシについては気にしなくても良いでしょう。

最後に、メモリは1枚よりも2枚で構成した方がデュアルチャンネルというメモリの処理能力が理論上2倍に高速化する技術がありますので、活用しない手はありません。選ぶゲーミングPCはメモリ構成においてデュアルチャンネルになっているか確認した方が良いです。

2枚なら4枚同じメモリを使えばクアッドチャンネルになるのでは?という疑問が出てくるかと思いますが、クアッドチャンネルに対応するCPUとマザーボードは、ゲーミングPCでは見ない構成です。

基本的にクアッドチャンネルに対応はしていないと考えた方が良いです。4枚挿しても容量は増えてもアクセス速度が上がるようなことはありませんし、逆に不具合が心配される場合も出てきます。

 

SSDは?

SSDはSATA接続のものとNVMe接続のものがあります。M.2接続でもマザーボードの性能によってはSATA接続になっているモノもありますので、NVMe接続になっているかしっかりと確認しておくと良いです。

NVMe接続のSSDにインストールしたゲームは、ゲーム自体が対応していれば読み込みが高速化し、ローディング時間を感じさせません。アサシンクリードオデッセイを楽しむだけなら容量は500GBあれば十分ですが、他にも様々なPCゲームを楽しむ場合には、別途HDDを購入するかメインストレージ容量をアップさせることをオススメします。

HDDにインストールすると読み込み速度が遅くなり、ゲーム開始やファストトラベルで結構な時間を待たされてしまいますので、アサシンクリードオデッセイをインストールするならSSDまたはNVMe接続のSSDにインストールすることをオススメします。

 

マザーボードは?

マザーボードは、選ぶ要素としてチップセットと接続端子の種類が目安となります。チップセットは人に例えれば神経伝達機能と考えれば良いです。チップセットの性能が高いマザーボードを選んでおくと、単純にできることが増えるので後悔が少ないです。

安くて性能の低いマザーボードを選んでしまうと、後から周辺機器を接続しようと思ったら対応していないなんてことになります。私も安いゲーミングPCを購入したら、後でPCにPCIeスロットに接続するキャプチャーボードを付けようと思ったらマザーボードの性能が低くて対応していなかったなんてことがありましたので、後にゲーミングPCをパワーアップさせるつもりならマザーボードはIntel製のCPUを付けるなら頭文字がZやHで数字が大きいモノを選んだ方が良いです。

最新であればZ490やH470です。AMD製であればXかBが頭文字についており、X570やB550です。ちなみにAMD製品はCPUに対する互換性が高いのでX470やB450でも十分使えます。

 

電源は?

電源は、より大きい容量のものを接続すれば問題はありません。また、高性能なハイエンドゲーミングPCでもなければそこまで良い電源でなくても十分です。

しかし、ハイエンドクラスのゲーミングPCであれば、容量は750Wが望ましいです。そして、電源効率もゴールドやプラチナなどのランクを選ぶとゲーミングPCの負担を軽減します。

とくにアサシンクリードオデッセイは高画質で遊ぼうと思ったらPCに多くの負荷を与えるので、電源にも拘っておいた方が良いです。

アサシンクリードオデッセイを4K最高画質で楽しむなら、かなり高性能なゲーミングPCが必要です。お金に余裕があるならば、30万円くらいするようなハイエンドクラスのゲーミングPCをオススメします。

下手にグラフィックに特化したいからグラボだけ高性能にすると考える人もいらっしゃると思いますが、どこかのPCパーツだけ極端に高い性能にしても、全体的な性能は上がりませんので、バランスを考えて構成を確認する必要があります。

グラボ特化とかCPU特化とかメモリ特化なんて構成は、後にPCパーツを交換することを考えていないならば意味の無いことです。

 

アサシンクリードオデッセイはグラボなし、低スペックPCで操作できる?

アサシンクリードオデッセイをグラボ無しのPCで遊べるか?という質問ですが、ここはキッパリと【遊べない】と断言いたします。

低スペックのPCでは起動しないか、起動しても数分遊んだらプツンと切れてしまうでしょう。また、CPUによっては内蔵グラボを備えているものがあります。そういったCPUを積んだグラボであればなんとか遊べる可能性もあります。

内蔵グラボの性能にもよります。内蔵グラボの性能が低ければスローモーションの様な状況になるか、カクカクの動作で遊ぶような状況となり、まともに遊べません。それならPS4やXbox Oneで遊ぶ方がまだ快適だと言えます。低スペックのPCで遊ぶことはオススメしません。

 

アサシンクリードオデッセイにおすすめのゲーミングPCはこれ!

推奨スペックやPCパーツで解説した内容を踏まえて、アサシンクリードオデッセイにおすすめのゲーミングPCを紹介していきます。

 

デスクトップPCならガレリア XA7C-R70S RTX2070Super搭載

フルハイビジョンで高画質を意識するなら、このゲーミングPCのスペックがあれば十分高いフレームレートを維持できます。グラボもRTX2070Superなので、フルハイビジョンなら60fpsを超える数値を安定して維持できます。

CPUもCore i7-10700を積んでいるので、RTX2070Superの性能をしっかりと活かすことができます。メモリもクロック数2,666MHzの8GBのデュアルチャンネルになっていますので、フレームレートも高く保つことができます。

マザーボードもH470を使用しております。電源は650Wのブロンズですが、この構成であれば十分です。気になるようなら電源は後から構成で変更も可能です。4Kまで考慮しなければ、このゲーミングPCで必要十分な性能がありますし、他のPCゲームも高画質設定で十分遊ぶことができます。

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=&mc=9373&sn=3999

 

4K最高画質ならガレリア ZA9C-R80T RTX2080Ti搭載

PC版アサシンクリードオデッセイを4K最高画質で高いフレームレートで遊びたいというなら、このゲーミングPCがオススメです。

グラボなRTX2080Tiを組み込んでおり、CPUもグラボの性能をしっかり引き出すCore i9-10900Kになっています。メモリもクロック数2933Mhzの8GBのデュアルチャンネルになっています。

マザーボードもZ490チップセットです。電源も750Wゴールドモデルです。この構成ならば4K最高画質設定のアサシンクリードオデッセイを60fps以上で動作させることも可能です。

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&tc=30&ft=&mc=9384&sn=3993&st=1&vr=10&tb=2

 

ノートPCならガレリア GCL2070RGF

持ち歩いてPCゲームを遊びたい、自室にデカいデスクトップPCを置きたくないという人には、ゲーミングノートPCがオススメです。

ただし、ノートPCの場合は後にPCパーツの交換ができないこと、ストレージやメモリの交換くらいしか延命措置が無いことを理解したうえで購入してください。どうしてもデスクトップPCよりはコスパは悪くなってしまいます。また、性能も同じような名称のデスクトップPCパーツよりも劣ってしまいます。

これはどうしてもノートPCに組み込むパーツは排熱が悪い関係上仕方がないことです。

しかし、そんなゲーミングノートPCですが、このガレリア GCL2070RGFはグラボにRTX2070を組み込み、CPUにもCore i7-10750Hを使っているので、アサシンクリードオデッセイを高画質で高いフレームレートを維持して遊ぶことが可能です。

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&mc=9323&sn=2927

 

まとめ

アサシンクリードオデッセイはとてもグラフィックが美しく、広大なオープンワールドを舞台にしたゲームで、このグラフィックのクオリティで遊べるオープンワールドゲームは数少ないです。

そんなアサシンクリードオデッセイを4Kの解像度で最高画質で遊べるPC版を遊ぶのでしたら、それなりの出費が必要になってしまいます。しかし、アサシンクリードオデッセイを最高の環境で遊べるゲーミングPCを購入しておけば、様々なPCゲームも最高の環境で遊ぶことができます。

勿論アサシンクリードオデッセイだけでも大変高い満足を得られるゲームです。お金に余裕があるならば4Kにも対応できるゲーミングPCを購入しておけば、より高い満足を得ることができますよ。

-PCゲーム

© 2020 金猿日記