PCゲーム

THE CREW2の推奨スペック。グラボなし低スペックPCはだめ?おすすめゲーミングPCはこれ!

UBIソフトが手掛けるオープンワールド上で、カーレースのみならず、バイクや船や飛行機やヘリコプターまで操れるゲームです。

美麗なグラフィックも売りの一つであるこのゲームは、高画質、高解像度で楽しんだほうが何倍も楽しみが増えます。PC上でプレイすれば家庭用ゲーム機では味わえない感覚を味わうことができます。

このTHE CREW2を楽しむのであればグラボが無いようなPCでは、とても遊ぶことはできません。

そこで、THE CREW2を快適に楽しむことのできる推奨スペックを満たしたオススメのゲーミングPCを紹介します。

公式サイト:THE CREW2

THE CREW2の必要動作&推奨スペックは?

公式から発表されているTHE CREW2の推奨環境を紹介します。

最低動作環境
OS:Windows 7 SP1, Windows 8.1, Windows 10 (64ビット版のみ)
CPU:Intel Core i5-2400s (2.5 GHz)または AMD FX-6100(3.3 GHz)以上
メモリ:8 GB以上
グラボ:NVIDIA GeForce GTX 660 または AMD HD 7870以上

推奨動作環境
OS:Windows 7 SP1, Windows 8.1, Windows 10
CPU:Intel Core i5-3470 または AMD Ryzen 3 1200以上
メモリ: 8 GB以上
グラボ:NVIDIA GeForce GTX 1060 (6GB) または GTX 970 (4 GB) または AMD RX 470 (8GB) 以上

THE CREW2の公式サイトで公開されている環境を見ると、そこまで高い性能は要求されてはいません。

しかし、4K高画質環境で高いフレームレートを維持することまで考えるならは、NVIDIA製のグラボならばRTX3080やRTX3090を考え、AMD製ならばRX6800XTの搭載を考える必要があります。

懐が許すならば、ということではありますが、高画質対画面のモニターで没入感を得ながらTHE CREW2を楽しむことを考えるならば仕方のない出費です。

 

THE CREW2の快適プレイを叶えるPCスペックは?

THE CREW2を快適にプレイするために必要なPCのパーツ毎に解説いたします。

推奨スペックを満たすためのパーツと、FHD最高画質設定に対応するパーツ、そして4K環境まで考慮したパーツの3パターン紹介していきます。

 

グラボは?

推奨スペックを満たすだけならば、GTX1660以上のグラボがあれば十分です。そして最高画質で60fps以上のフレームレートを考えるならばRTX3060TiやRTX3070を選びましょう。

性能と値段のバランスがとても良いグラボです。2021年春の時点ではマイニング需要で高騰中になっています。

そして、4K環境まで考えるとなると、上述したようにRTX3080または、RTX3090、そしてRX6800XTが必要になります。ご自分の懐に合ったグラボを搭載するゲーミングPCを選びましょう。

 

CPUは?

公式の発表する推奨スペックを満たすCPUならば、intel製ならば、Core i5 10400以上のもの、AMD製ならばRyzen 5 3500以上のもので十分です。

高画質設定であれば、それぞれCore i7 10700とRyzen 7 3700X以上のCPUを搭載するものが望ましいです。4K環境ならば、Core i9 10900KとRyzen 9 5900 以上のCPUを搭載したものを選びましょう。

グラボさえ性能が良ければとグラボのみに力を入れる方もおりますが、グラボの性能がよくともCPUの性能が悪ければボトルネックが生じ、グラボの性能を活かすことができなくなります。

ボトルネックを起こしてしまっては、大変もったいないので、グラボに合った性能のCPUを選ぶように心がけてください。

 

メモリは?

メモリについては、少なすぎると動作がカクつき、まともなフレームレートは得られなくなります。かと言ってメモリを増設すればするほど性能が上がるというものでもありません。

容量が大きすぎても、アクセス速度が下がる場合があります。THE CREW2を快適に楽しむのであればメモリ容量は16GBあれば十分です。

容量は16GBで十分ではありますが、メモリの性能が高いものを選ぶとフレームレートの数値を改善することができます。

メモリの性能はメモリの型番の後ろについた4桁または5桁の数字で判断できます。DDR4-2666とDDR4-3200であれば、数字の大きい3200のほうが高い処理能力をもっています。

また5桁の場合は、この数字の8倍の数値が使用されてます。DDR4-21300やDDR4-25600という数字が書かれていれば、こちらも数字が大きいものが、処理能力が高いと覚えておくと、購入の際に目安となります。

また、メモリは同じ要領型番速度を持ったものを2枚挿しにするとデュアルチャンネルと呼ばれる機能で、理論的には倍の処理速度が得られるとされています。

昨今のゲーミングPCであれば、このデュアルチャンネルに対応したものがほとんどです。まれにメモリ1枚で16GBとなっていて、別途16GBメモリの増設を促すものがあるので、注意が必要です。

有名なBTOメーカーであれば、こんな仕様にはしませんが、中古などを購入する際には見ておきたい仕様です。

 

SSDは?

THE CREW2は、ストレージ容量がうたわれておりません。これはDLC等もあり、ユーザーによって幅広い容量の使い方が考えられるためです。

なんだかんだインストールすると100GB近い容量も失われるので500GB以上のストレージを備えたものを搭載するゲーミングPCが欲しいです。

また、NVMe接続に対応するSSDにゲームをインストールするとゲームのローディング速度が向上します。昨今のゲーミングPCはメインストレージがNVMe接続のものになっているものがほとんどです。

 

マザーボードは?

マザーボードは、4K高画質に対応するグラボやCPUを購入するのであれば、最新の高性能マザーボードにしておくべきです。

チップセットの性能が低いものであると、それだけ処理速度が落ちてしまい、せっかくの高性能クラボとCPUの性能が活かせません。intelであれば、Z590チップセットを搭載したマザーボードをAMD製であればX570チップセットを搭載したマザーボードを使用したゲーミングPCを買うべきです。

あとで、キャプチャーボートを増設するとか、NVMe接続のSSDを増設する際に、低性能のマザーボードでは対応しきれなません。

 

電源は?

電源も4K高画質設定のパーツを使うようでしたら高性能な電源が必要です。高性能なパーツは電力消費量も高く、少しでも熱効率の良い電源を使っておけばパーツ毎の発熱も抑えられ、より効率良くパーツを使うことができます。後々にパーツの寿命を延ばすことにも繋がります。

 

THE CREW2はグラボなし、低スペックPCで操作できる?

THE CREW2はグラボを搭載していないようなPCでは遊べません。最近はCPUにGPUを内蔵したCPUも増え、年々そのパワーも上がっておりますが、それでも2021年に発売されているグラボ本体の性能には追いついておりません。

しかも内蔵GPUはビデオメモリも無いので補うためにメインメモリから、ビデオメモリの機能を使用するのでメモリにも負荷をかけます。

そんな状態では、ただでさえ負荷の高いTHE CREW2をまともには遊べません。最低画質まで下げてカクカクフレームレートでやっと遊べる程度でしょう。

また、グラボも搭載していないような安いPCでは、THE CREW2が立ち上がればミラクルです。立ち上がらずに画面が暗転化してフリーズすることが目に浮かびます。

 

THE CREW2におすすめのゲーミングPCはこれ!

今までに紹介しました情報をふまえTHE CREW2におすすめのゲーミングPCを紹介いたします。

 

推奨スペックを満たすデスクトップPCならガレリア RM5R-G60S

グラボもGeForce GTX 1660 SUPERを搭載、CPUはRyzen 5 3500Xを搭載し、メモリも16GBと潤沢な性能を持っております。

非常にコスパの良いPCなので、まずはPCでゲームを味わってみたいという人にオススメできるエントリーモデルのゲーミングPCです。

THE CREW2の公式推奨スペックも十分に満たしています。

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=&mc=9473&sn=4238

 

FHD高画質設定・60fpsを満たすデスクトップPCならガレリア XA7C-R37 RTX3070

グラボにGeForce RTX 3070を搭載し、CPUにCore i7-10700を搭載しているのでボトルネックの心配もありません。

メモリも16GBを搭載しているので、動作も快適です。メインストレージも512GBのNVMe接続タイプのSSDです。

この容量があればTHE CREW2を遊ぶだけであれば十分です。他にも色々と保存するならば、HDDなどを増設しておくと良いでしょう。

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=&mc=9630&sn=4135

 

4K高画質・高いフレームレートを維持するデスクトップPCならガレリア ZA9R-R38

グラボは大人気のGeForce RTX 3080を搭載しております。そしてCPUも大人気高性能のRyzen 9 5900Xを搭載しております。メモリは16GBを搭載しております。

これだけの性能のCPUとグラボを搭載していれば、4K環境でも高いフレームレートを維持できます。もし、お金に余裕があるならば、一段階上のグラボであるRTX3090を搭載するモデルを選択していただくのも良いでしょう。

今回はコスパを重視して、RTX 3080搭載のゲーミングPCをオススメしています。

メインストレージも1TB容量のGen4 NVMe接続のSSDを搭載しております。最新のGen4接続対応なので、驚異の速度でローディングが可能です。

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&tc=30&ft=&mc=9670&sn=0

 

まとめ

アメリカを舞台に様々な乗り物を乗りまくれる最高のオープンワールドドライブシミュレーターゲームであるTHE CREW2を楽しむのであれば、お金はかかりますが、さらにステアリングコントローラーや湾曲モニターなどを揃えると没入感を増して、最高のドライブライフを楽しむことができます。最高の環境で楽しむことは、ゲーミングPCで許された特権です。

緊急事態宣言か解除されたと言ってもコロナ禍の中長距離の移動は、人目を憚られるので、高性能ゲーミングPCを購入し仮想空間の長距離ドライブを楽しんでみてはいかがでしょうか?

車のみならずバイクや船や飛行機まで運転できるTHE CREW2は巣ごもり時期に最高の遊び場を提供してくれるでしょう!

-PCゲーム

© 2021 金猿日記