PCゲーム

ダークソウル3の推奨スペック。グラボなし低スペックPCはだめ?おすすめゲーミングPCはこれ!

2022年に発売されたフロムソフトウェアの最新作エルデンリングも気になりますが、まだまだ楽しむことができる『死にゲー』であるダークソウル3をPCで楽しみたい人もいらっしゃるはずです。

推奨スペック以上のPCがあれば60fpsの滑らかな環境で遊ぶことができます。グラボ無しのPCでも楽しめる可能性はありますが、オススメはしません。

自分のスキルアップを感じることができるゲームなので、数か月おきにでも楽しむことができる不思議なゲームです。

公式サイト:ダークソウル

ダークソウル3の必要動作&推奨スペックは?

ダークソウル3の公式サイトで公開されている必要動作環境や推奨スペックは下記の通りです。

最低動作スペック推奨動作スペック
OSWindows 7、8.1、10(64bit)
CPUIntel Core i3-2100 または、AMDR FX-6300Intel Core i7-3770 または、AMDR FX-8350
メモリ4 GB RAM8 GB RAM
グラボNVIDIA GeForce GTX 750 Ti または、ATI Radeon HD 7950NVIDIA GeForce GTX 970 または、ATI Radeon R9 series
ストレージ25 GB 利用可能

推奨動作スペックは、最高画質ではなく中画質程度の環境で安定したフレームレート(30fps~60fps)を維持できる性能の目安となっておりますので、最高画質を考えるならば、もう少し性能の高いグラボやCPUが必要となります。4Kといった高解像度環境を考えると、より高い性能のグラボが必要になります。

 

ダークソウル3の快適プレイを叶えるPCスペックは?

ダークソウル3を快適にプレイするために必要なPCをパーツ毎に解説いたします。

 

グラボは?

推奨ではGTX970となっておりますが、2021年の今であればGTX1650でも十分超える性能なので、エントリーモデルのグラボで推奨スペックを超えることができます。

最高画質設定で60fpsを超える滑らかな映像を求めるのであればRTX3060以上のグラボが必要となります。更に高解像度4K環境で最高画質を考えるとRTX3070Ti以上は必要となってきます。4Kモニターの購入や懐具合に合わせて購入すると良いでしょう。

 

CPUは?

CPUは、グラボに合わせて性能をアップすると良いので、エントリーモデルのグラボを使用するのであればCPUもエントリークラスでも良いのですが、グラボをレベルアップさせるならばCPUもレベルアップさせるべきです。

理由としてはグラボの性能だけ良くてもグラボが描いた絵をCPUが処理できずフレームレートが伸びない、いわばボトルネックという状態が発生してしまいます。RTX3060を使用するならばCore i7-11700かRyzen 7 3700X以上のグラボを搭載したPCを購入した方が良いです。

RTX3070Tiやそれ以上のグラボを搭載するゲーミングPCを選ぶのであれば、更にCPUをグレードアップするとボトルネックに悩まされることがありません。

CPUを良いものにしておけば、グラボの交換で更なるレベルアップを図ることも可能です。逆にCPUの性能がギリギリの場合はグラボを交換したら結局CPUも交換するハメになってしまいます。

 

メモリは?

メモリは推奨では8GBとなっておりますが、最高画質設定を考えると16GB以上のメモリを搭載していた方が良いでしょう。

ちなみに8GBの上であれば12GBとか10GBでも良いのではないか?と思われるかもしれませんが、メモリは同性能で同容量のメモリを2枚使用すると性能がアップするデュアルチャンネルという機能がCPUとマザーボードに適用されておりますので、4GBのメモリを2枚使用する8GBの上は8GBのメモリを2枚使用する16GBがオススメです。

メモリ容量は2GB→4GB→8GB→16GBとアップしていきますのでデュアルチャンネルを利用すると8GBの上の容量は16GBです。

このデュアルチャンネルを知らずに8GBのメモリに4GBのメモリを増設し、12GBにして容量アップして満足をしないようにしたいところです。

今回オススメするゲーミングPCでは、このデュアルチャンネルを利用した16GBのメモリを搭載したPCを紹介いたしますのでご安心ください。

 

SSDは?

SSDはSATA接続のものとNVMe接続のものがあり、現在ゲーミングPCの主流はNVMe接続のSSDをメインストレージに使用したものです。

NVMe接続のSSDにゲームをインストールするとローディング時間に大幅な改善が見込まれます。PS5なんかもメインストレージはこのNVMe接続のSSDになっているのでローディング時間が爆速なのです。

ただし、ゲームによっては恩恵が無いというか変わらないものがありますが、それは2DCGのインディーズゲームでもとよりローディング時間の早いゲームなどです。ダークソウル3クラスのゲームであれば、十分NVMe接続のSSDの爆速ローディング時間の恩恵が得られます。

ダークソウル3はゲーム容量が25GBと、そこまで大容量ではないので、500GB以上の容量があれば十分でしょう。他のPCゲームを遊ぶような方は1TB以上の容量が必要となってくるでしょう。

 

マザーボードは?

マザーボードは全てのパーツを繋ぐ中枢神経のような役割をします。良いパーツを使うのであれば、性能の良いマザーボードを使う必要があります。

性能の良いマザーボードであればグラボやCPUやメモリの機能を引き出すことができ、更なる快適なゲームプレイができます。

漠然と性能を引き出すとしておりますが、全てのパーツの処理速度が向上するので、こういったアバウトな表現になってしまいますが、全てのパーツの性能を引き出すので、例えば60fps出せたゲームがそれぞれのパーツの働きを引き出すことで80fpsや90fpsまで向上したというようなことが起こります。

ただし、エントリークラスのゲーミングPCであればエントリーモデルのパーツ各種を使用しているので、そこまでマザーボードにこだわる必要もなくなります。

後々パーツを交換して性能アップをはかるならば、良いマザーボードを搭載したゲーミングPCが良いでしょう。

intel製のCPUのためのマザーボードならば頭文字にZのついたチップセットを搭載したものが良く、AMD製のCPUのためのマザーボードならば頭文字にXのついたチップセットを搭載したものが良いです。現状であればZ590とX570のチップセットを搭載したマザーボードを選ぶと間違いはありません。

 

電源は?

電源も良いパーツを使用するならば、熱効率の良いゴールドクラスやシルバークラスの電源を使用すると良いですが、エントリーモデルのゲーミングPCでしたらブロンズクラスのもので十分です。こちらも購入するゲーミングPCのグレードに合わせたものでかまわないと思います。

昔でしたら電源が壊れてすべてのパーツがダメになったなんていう事も聞きましたが、最近は電源が壊れてPCが壊れたなんて話を聞くことは稀です。

そこまで神経質になる必要はありませんが、ある程度良い性能を持つ80PLUS認証をうけたものであれば心配はないでしょう。

 

ダークソウル3はグラボなし、低スペックPCで操作できる?

ダークソウル3はグラボなしで操作が可能かという疑問ですが、まずグラボの無いようなPCではダークソウル3は起動しません。

ゲームもできるミニPCが流行ってきておりますが、初期に発売されたGPD WinというミニPCでダークソウル3を起動してみましたが、画面がブラックアウトして起動すらしませんでした。

その後設定を下げて起動しても音楽は流れますが画面が真っ暗になった数分後にブルースクリーンになって停止するということがありました。

しっかりとしたゲーミングPCでないと生半可なPCではダークソウル3はまともに遊べないので注意が必要です。

グラボを内蔵したCPUも流行ってきましたが、まだまだGTX1050Tiクラスの性能と言われているので、ダークソウル3を【快適】に遊ぶことを考えるのであれば、しっかりとしたゲーミングPCを購入しておきましょう。

 

ダークソウル3におすすめのゲーミングPCはこれ!

上述してきた情報をもとにダークソウル3におすすめのゲーミングPCを紹介いたします。

デスクトップPCならGALLERIA XA7C-R36T 第11世代Core搭載

グラボは多数のPCゲームを遊ぶ上で十分な性能を持つRTX3060Tiを搭載しております。このグラボならばダークソウル3を滑らかなフレームレートを安定させてプレイすることができます。

CPUもグラボの性能をしっかりと引き出すCore i7-11700を搭載していますので、ボトルネックの心配もありません。

メモリも16GB(8GBのデュアルチャンネル)となっています。メインストレージも1TBのNVMe接続のSSDを搭載しておりますので、申し分ない性能を持っております。

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=&mc=10271&sn=4122

 

ダークソウル3を遊ぶPCなら4K高画質環境のLEVEL-G0X5-R58X-UAX

グラボにRTX3070Tiを搭載し、CPUにRyzen 7 5800Xを搭載するという非常に高性能なゲーミングPCです。更にメモリはDDR4-3200という高性能8GBメモリを2枚使用するデュアルチャンネル16GBとなっています。

メインストレージも1TBのNVMe接続のSSDを搭載しております。マザーボードにはX570チップセットを使用したもので、更に電源は最高クラスのチタニウムになっているので、グラボ交換やCPU交換をしてもまだまだ性能の引き出せる先を見越したハイエンドゲーミングPCです。

https://www.pc-koubou.jp/products/detail.php?product_id=829146&ref=geforce_rtx_3070ti_level

 

まとめ

ダークソウル3は最高の死に覚えゲームで、プレイヤースキルを極めることでタイムアタックなど、なんども楽しめるゲームです。

また、来年2022年にはエルデンリングという新作も出ますので、紹介したゲーミングPCであればエルデンリングでも十分な性能を発揮できます。

ダークソウル3を何度も楽しむこともできますし、最新のPCゲーム達もしっかりと楽しむことができるゲーミングPCを紹介いたしましたので、楽しいPCゲームライフをお過ごし下さい。

-PCゲーム

© 2022 金猿日記