PCゲーム

DOOM Eternalの推奨スペック。グラボなし低スペックPCはだめ?おすすめゲーミングPCはこれ!

 

DOOMシリーズの最新作、DOOM EternalのPC版を快適な環境で楽しめる推奨スペックを満たしたゲーミングPCを紹介します。

また、DOOM Eternalを遊ぶ上で、グラボを搭載していないようなグラボなしPCでも動作するのか?という疑問についても書いていきます。

公式サイト:DOOM Eternal

DOOM Eternalの必要動作&推奨スペックは?

DOOM Eternalの公式サイトで公開されている必要動作環境や推奨スペックなどはコチラです。

最低環境
OS: 64-bit Windows 7 / 64-Bit Windows 10
CPU: Intel Core i5 3.3 GHzまたは、AMD Ryzen 3 3.1 GHz
メモリ: 8 GB RAM
グラボ: NVIDIA GeForce GTX 1050Ti (4GB), GTX 1060 (3GB), GTX 1650 (4GB) または、 AMD Radeon R9 280(3GB), AMD Radeon R9 290 (4GB), RX 470 (4GB)
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続推奨
ストレージ容量: 80 GB以上

推奨環境
OS: 64-bit Windows 10
CPU: Intel Core i7-6700Kまたは、AMD Ryzen 7 1800X
メモリ: 8 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 1060 (6GB), NVIDIA GeForce 970 (4GB)または、 AMD Radeon RX 480 (8GB)
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続推奨
ストレージ: 80 GB 利用可能

最低動作環境は、あくまで動作するという環境で、快適とよべるものではありません。また、推奨環境も高画質でヌルヌル動くというものではなく、あくまで標準画質で問題なく動く程度のものと考えてください。

DOOM Eternalを最高画質で快適に遊ぶようならば、推奨環境の1ランク上、または2ランクは上のスペックを満たしたPCが必要となってきます。

 

DOOM Eternalの快適プレイを叶えるPCスペックは?

DOOM Eternalを快適にプレイするために必要なPCスペックを重要なパーツごとに紹介していきます。

 

グラボは?

グラボは、推奨スペック上であれば現状NVIDIA GeForce GTX1660以上のグラボがあれば十分動作はいたします。しかし高画質で快適なフレームレートを維持するのであれば、RTX3060以上のグラボが欲しいです。

AMD製ならばRX580やRX5700以上のグラボが良いです。4K環境を考えるのであればRTX3080といったハイエンドモデルのグラボを搭載したモデルを選びましょう。AMD製のグラボであればRX6800以上のグラボが欲しいです。

 

CPUは?

CPUは、グラボの性能を上げるならばCPUの性能も必要となります。グラボの性能ばかり上げても、CPUの性能が低ければ、折角グラボが描いた画像もCPUが処理しきれず無駄となってしまいます。

グラボが120枚画像を描き120fps出したとしても、肝心のCPUが100枚しか処理できなければ100fpsとなってしまいます。これが100fpsであれば良いですが、50fps以下まで下がり、30fpsや20fps伴ってくると、カクつきを覚えます。

10fpsまで落ちたら快適とは程遠い環境になってしまいます。クラボの性能を上げるならば、intel製であれば最低限Core i5 10400以上、AMD製ならばRyzen5 3500以上は欲しいところです。

グラボをハイスペックモデルやハイエンドモデルにするならばCPUも相応の性能を持ったCPUに変更する必要があります。intel製ならばCore i7やCore i9の最新のもの、AMD製ならばRyzen7やRyzen9の最新のものを搭載したゲーミングPCを選びましょう。

 

メモリは?

メモリも最低限8GBは必要です。最近のゲーミングPCは16GBが主流なので、困ることは無いでしょう。

メモリが不足すると、フレームレートが落ちカクつきを覚えるか、もしくはまるで水中に居るかのようなスローモーションになるので、最低限のメモリを搭載したゲーミングPCを選ぶ必要があります。

また、メモリはデュアルチャンネルという仕様により1枚よりも同じメモリを2枚使用したほうが、メモリの処理速度が高速化される効果があります。16GBのメモリ1枚を搭載したPCよりも8GBメモリを2枚搭載したゲーミングPCを選びましょう。

 

SSDは?

容量の大きいものであればOSだけで、容量が塞がる心配もありません。また、NVMe接続のSSDにゲームをインストールすれば、かなりゲームの読み込み速度が上がります。

とくにDOOM Eternalのような3DCGを多用するゲームはローディング時間の短縮を顕著に味わうことができます。最近のゲーミングPCを選べばNVMe接続のものが一般的なので安心です。

一昔前の中古PCは、メインストレージはSATA接続のものが当たり前なので、NVMe接続したSSDにインストールしたゲームとの読み込み速度は顕著に差を感じてしまいます。

 

マザーボードは?

マザーボードは、PCの各パーツを繋ぐ中枢神経と言っても良い役割をする機器です。どんなに各パーツの性能が良くとも、マザーボードの機能が落ちれば、思った以上の性能を発揮できません。高いPCパーツを使用するならば、高いマザーボードを搭載したゲーミングPCを購入するべきなのです。

高機能なマザーボードであれば、周辺機器やキャプチャーボードも高機能なものに対応可能です。後悔しないグラボを選ぶならば、高性能なチップセットを使用したマザーボードを選びましょう。intel製ならはZ590、AMD製ならばX570という型番のチップセットを使用したマザーボードをおすすめします。

 

電源は?

電源も高性能なパーツを使用する上では考えなければいけないパーツです。高性能なパーツはそれだけエネルギーを使いますし発熱もしやすいです。

発熱してPCケース内部の温度が高くなると、PCの動作は重くなり、熱暴走により停止してしまいます。最悪熱暴走でパーツが壊れることもあるので、そういったことのないように、電源効率の良い80PLUS認証GOLD以上の電源を選ぶと良いでしょう。

最高画質環境で遊ぶことを考えるならば、よりスペックの高いハイスペックゲーミングPCが必要ですが、画質などあまり関係ないと考えるならば、エントリーモデルのゲーミングPCでも十分です。

 

DOOM Eternalはグラボなし、低スペックPCで操作できる?

DOOM Eternalはグラボなしで動作するようなゲームではありません。あまりにも古い中古ゲーミングPCや、数万円で購入できるようなPCではまともに動作いたしません。

グラボが無いと言っても、最近のCPUには内臓GPUがあるものもあります。しかし、高いGPU性能を持っている内臓GPUでもGTX1050程度の性能しかありません。

この環境では、とてもじゃありませんが、快適なフレームレートをDOOM Eternalで維持はできないでしょう。「なんとか遊ぶことができる」程度のものでしかありません。また、内臓GPUも無いような、タブレットPCなどは論外です。

DOOM Eternalが起動するだけでもラッキーと思われる性能しかありませんので、DOOM Eternalを遊ぶならば、後述するエントリーモデル以上のゲーミングPCを購入しておきましょう。

 

DOOM EternalにおすすめのゲーミングPCはこれ!

いままで紹介してきた情報をもとにDOOM EternalにおすすめのゲーミングPCを紹介していきます。

 

デスクトップPCならGALLERIA RM5R-G60

最低限、PCでDOOM Eternalを遊びたいということであれば、このエントリーモデルのゲーミングPCをオススメいたします。

グラボにNVIDIA GeForce GTX 1660を搭載し、CPUにRyzen 5 3500を搭載しております。メモリも16GB搭載しておりますので、低画質・中画質程度であれば、DOOM Eternalをしっかりと遊ぶことができるゲーミングPCです。

コスパも良く、レイトレーシング機能まで使わないようなゲームであれば、十分遊ぶことが可能なゲーミングPCです。

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&tc=30&ft=&mc=10181&sn=0

 

高画質でDOOM Eternalを楽しむデスクトップPCならGALLERIA XA7R-R37 5800X搭載 電撃ベストバイ2021 受賞記念モデル

4Kとまではいきませんが、FHD解像度で高解像度ヌルヌル動作でDOOM Eternalを遊ぶことができるハイスペックモデルのゲーミングPCです。

グラボには、NVIDIA GeForce RTX 3070を搭載し、CPUもそれを受け止める性能があるRyzen 7 5800Xを搭載しております。

この組み合わせであれば、高いフレームレートを維持することが可能です。メモリも16GBと申し分ありませんし、ストレージも1TBありますので、余裕を持ってゲームをインストールすることが可能です。

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&tc=30&ft=&mc=10462&sn=0

 

まとめ

豊富な武器やカスタマイズと緊張感のあるバトルが楽しめるDOOM Eternalは、ハマれば100時間以上楽しんでいる人が多いゲームです。

FPSゲームの最高峰DOOMシリーズの最新作であるDOOM Eternalをしっかりと楽しむのであれば、それなりに高い性能を持つゲーミングPCは必要なので、妥協しないゲーミングPC選びの一助になれば幸いです。

-PCゲーム

© 2023 金猿日記