PCゲーム

Factorioの推奨スペック。グラボなし低スペックPCはだめ?おすすめゲーミングPCはこれ!

Steamでも大人気のゲーム「Factorio」は、2016年よりアーリーアクセスを開始し、2020年に正式リリースを果たした、新感覚シミュレーションゲームです。

Factorioは推奨スペック上では2GB以上のビデオメモリのあるグラボが必要なので、グラボなしのPCでは、快適な動作を得られません。

今回はこの「Factorio」を快適に遊ぶために、必要なゲーミングPCを紹介致します。

おすすめはこれ!

FactorioにおすすめのゲーミングPCをチェック!

公式サイト:Factorio

Factorioの必要動作&推奨スペックは?

Factorioの公式サイトで公開されている推奨スペックは以下のとおりです。

必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 10, 8, 7, Vista (64 Bit)
CPUDual core 3Ghz以上のCPUQuad core 3Ghz以上のCPU
メモリ4GB以上8GB以上
グラボNVIDIA GeForce GTX 260または、AMDRadeon HD 4850または、Inte HD Graphics 5500または、512MB以上のVRAMを搭載するグラボNVIDIA GeForce GTX 750TiまたはAMD Radeon R7 360または、2GB以上のVRAMを搭載するグラボ
ストレージ3GB以上

推奨スペックで求められる環境は、公式がゲームの起動をして、中画質程度で30fps以上を維持する性能と言われています。高画質設定で60fpsを超える環境を考えるのであれば、もう少し高い性能を持つPCが必要と考えます。

グラボは最近のエントリーモデルのもので、ビデオメモリは4GB以上あるので、エントリーモデルのものを購入しておけば問題ありません。

全くグラボの性能が無いものを購入することはオススメしません。

 

Factorioの快適プレイを叶えるPCスペックは?

Factorioを快適にプレイするために必要なPCスペックを重要なパーツごとに解説いたします。

Factorioは3DCGを多用しているわけではないため、そこまで高いスペックのPCな必要ありませんが、最低限これくらいのものは欲しいというものを紹介いたします。

 

グラボは?

クラボは前述しました通り、ビデオメモリが4GBもあれば十分です。最近のグラボであればGTX1650以上のグラボを搭載していれば問題ありません。

しかし、GTX1650を搭載するならば、あまり値段の違わないGTX1660を搭載したゲーミングPCを購入したほうが、他のPCゲームも快適に遊べるため、長い目で見ればお得と言えます。

 

CPUは?

Factorioを快適に遊ぶことだけを考えるならば、intel製であればCire i5 10400以上のCPUであれば十分すぎる性能が得られます。AMD製であればRyzen 5 3500以上あれば十分です。

もっと低い性能のCPUでも良いですが、長い目で見たら、少しでも性能の高いCPUを搭載したゲーミングPCの方が長く使えて、トータルお得という事になります。

 

メモリは?

メモリは8GB以上あれば良いですが、こちらも最近メモリの単価が安くなっているため、大きな価格差が無いため、16GBのメモリを搭載したゲーミングPCを選んだほうがお得です。

 

SSDは?

Factorioの必要容量は3GBと少なく、MODを入れたとしても、そこまでの容量にはなりません。250GB以上の容量があれば十分でしょう。

 

マザーボードは?

Factorioを遊ぶにあたっては、そこまで高い性能のマザーボートにこだわる必要はありません。安すぎるゲーミングPCを選ばなければ、十分な性能のマザーボードが使用されています。

 

電源は?

こちらも、そこまでこだわる必要はありません。最近のエントリーモデルのゲーミングPCであれば、80PLUS認証のBRONZEクラスのものが使われていることが一般的なので、心配はいりません。

 

Factorioはグラボなし、低スペックPCで操作できる?

Factorioはグラボの無いPCで遊んだ場合、初期段階の建物も少ない状況であれば良いですが、多数のものを建築し、動作させていけば、それだけ多くの処理をPCが行わなければならないので、グラボの無いようなPCでは、次第に動作はカクカクになり、スローモーションになり、フリーズしてしまうことも考えられます。

しっかりとFactorioを楽しむのであれば、グラボを搭載したエントリーモデル以上のゲーミングPCを買いましょう!

 

FactorioにおすすめのゲーミングPCはこれ!

以上のことをふまえて、FactorioにおすすめのゲーミングPCを紹介していきます。

 

デスクトップPCならガレリア RM5R-G60S

グラボにNVIDIA GeForce GTX 1660 SUPERを搭載しており、レイトレーシングには対応しておりませんが、PCゲーム全般に対応する性能をもっています。

CPUもRyzen 5 3500Xを搭載し、メモリも16GBあるので、余裕を持ってFactorioを遊ぶことが可能です。

10万円を切る値段の中では、大変高性能かつ、優秀なゲーミングPCです。

GALLERIA RM5R-G60S 公式サイトはこちら

 

ノートPCならガレリア GCL1650TGF

グラボにNVIDIA GeForce GTX 1650 Tiを搭載したゲーミングノートPCです。CPUにCore i5-10300Hを搭載し、メモリ容量も16GBと余裕でFactorioを楽しむことが可能です。

Wi-fi6にも対応しているので、快適なネットワーク環境で対戦などもプレイ可能です。重量も2.1kgと軽量なので、持ち運びにも便利です。

※後継機モデルはこちら↓

GALLERIA RL7C-R35H 公式サイトはこちら

 

まとめ

Factorioは、一人で楽しむモードだけでなく、ネット対戦要素も備えており、長く楽しむことのできるゲームです。

長く楽しむには、今後のアップデートにも対応できるように、ある程度高い性能を持つゲーミングPCを購入しておくと良いでしょう。

最低限の性能のPCでは、結局買い替えが必要となり、安物買いの銭失いになってしまいますので、少しでも性能の高いゲーミングPCを購入しておくことをおすすめします!

-PCゲーム

© 2022 金猿日記