ゲーミングPC

【PS4・switch使える】ゲーミングモニターおすすめランキング!144Hz以上厳選!

更新日:

 

せっかくゲームをやるなら、ゲーミングモニターの迫力ある画面で楽しみたいですよね。でも、どんなモニターを選んでいいかわからない…、そんな風に思っていませんか?

そこでこの記事では、おすすめのゲーミングモニターをランキング形式でご紹介していきます。

PCゲームはもちろんのこと、PS4任天堂switchでも利用できるゲーミングモニターばかり集めてみました。

最後まで読んでいただくことで、自分にぴったりのゲーミングモニターが見つかるはずです。ぜひ参考にしてください。

 

ゲーミングモニターとは?普通のモニターとの違いは?

ゲーミングモニターとは、ゲームで利用することを想定してつくられた製品のことです。

たとえば、動きが激しい格闘ゲームなどは、ゲーミングモニターで楽しんだ方が迫力が違います。

とはいえ、普通のモニターとは、一体どのような点に違いがあるのでしょうか。以下にまとめましたので、参考にしてください!

 

普通のモニターとの違い

普通のモニターとゲーミングモニターの一番の違いは、リフレッシュシートと応答速度です。

一般的なモニターのリフレッシュシートは、61Hzとなっています。これは、画面を1秒の間に61回書き換えるという意味です。

一方、ゲーミングモニターのリフレッシュシートは144HG。いうまでもなく、見え方が普通のリフレッシュシートと全く違うのです。

それから、応答速度に関してですが、速度が早ければ映像が鮮明に表示されます。ようするに、色の切り替えが速くなるのです。

そのため、応答速度が速ければ速いほど、残像が残ってしまうことはないため、より快適にゲームを楽しむことができます。

 

PCゲームはもちろんPS4やswitchなどにも使える

ゲーミングモニターは、PCゲームだけでなく、PS4や任天堂switchなどにも使うことができます。

そもそもPS4や任天堂switchなどの家庭用ゲーム機は、最大61Hzまでです。

一般的なゲームモニターは61H以上ですので、購入時に気にする必要はありません。

 

ストレスゼロのゲーミングモニターの選び方

この項では、ストレスゼロのゲーミングモニターの選び方についてお伝えします。重要なポイントを順番に見ていくことにしましょう。

 

144Hz、1msが目安

臨場感のある映像を楽しみながらゲームをするには、リフレッシュシートと応答速度がポイントとなります。

目安としてはリフレッシュシート144Hz、応答速度1msが目安いです。

なぜこの数値が良いのかというと、それには理由があります。

まずリフレッシュシートについてですが、そもそもゲーミングモニターは12Hz以上がほとんどです。

数字が大きくなるにつれ、動きが滑らかになったり、入力した操作をはっきりと確認することができます。

ですから、リフレッシュシートの値は大きい方がよいのです。

一方、応答速度に関してですが、単位はmsで表わされます。数値が低いほど高速になるため、残像に影響しません。

格闘ゲームなどを楽しむ場合は、反応速度が低い方が良いといえます。

以上のことから、目安としては1ms程度しておくと満足できるのです。

 

サイズは24インチ以上

ゲーミングモニターのサイズに困る迷う人がいるようですが、基本的には24インチ以上をお勧めします。

なぜなら、モニターサイズは大きいほど迫力が増すからです。ただし、必要以上に大きいモニターは、ストレスが溜まる要因となります。

一般家庭の部屋の広さを基準とすると、大体24から27インチが最適です。

 

解像度はフルHD以上一択!

解像度も重要なポイントです。解像度が高いとキャラクターの背景などが綺麗に見えるようになります。

たとえば、映像の綺麗さをウリとしているゲームをする場合は、解像度が高い方が良いです。オススメとしては、フルHD以上一択となります。

 

入力端子の種類や数などをチェック

ゲーミングモニターに対応する入力端の種類数も必ず確認しましょう。

一般的には、HDMIとDVIでしたが、DisplayPortやUSBなどもあります。

必要な入力端子を確認したおかないと、不安定な状態になることがあるものです。

ですから、使っている機器のコードをチェックし、適切なゲーミングモニターを選んでください。

 

価格帯や予算

価格帯や予算に関しては一番気になるところです。一般的に、リフレッシュシートの値が高いと、相場は高くなっていきます。

たとえば、リフレッシュシートが144Hz、4K対応IPS液晶パネル搭載だと4万円後半です。

そのほか、TN液晶パネルでリフレッシュシートが最大75.0Hzの場合、12000円台となります。

ちなみに、フレッシュシートに限らず、解像度、応答速度、液晶パネルの形式などのスペックが高くなると、値段も高くなっていくものです。

実際に自分の目で見てみないと分からないものですが、安く抑えたいなら複数の商品をチェックするようにしましょう。

 

【PS4・switch使える】ゲーミングモニターおすすめランキング(Amazon調べ)

今回はAmazonでサーチした結果、ゲーミングモニターとしてオススメできる商品をランキング形式でまとめてみました。

PS4や任天堂 switchでも使える商品ばかりですので、ぜひ参考にしてください。

 

BenQ ZOWIE XL2411P

画像の鮮明さを求めてる人にオススメのゲーミングモニターです。

20段階の調整が可能で、なおかつブルーライト軽減モードが搭載されています。

ですから、長時間ゲームをしても目にそれほど負担をかけることはありません。

スピーカーの質も悪くなく、リフレッシュシートは144Hz、応答速度は理想的な1msとなっています。

価格:28,629円
サイズ:24インチ
解像度:1920 x 1080
リフレッシュレート:144Hz
応答速度:1ms

 

LG 24GM79G-B

残像感をなくす「1ms Motion Blur Reduction」搭載のモニターです。

映像出力は「DAS(Dynamic Action Sync)モード」が採用されていることもあり、臨場感ある画像を楽しめると言えます。

それから、暗いシーンの視認性も高いため、映像の鮮明さにこだわりたい人は、大満足できそうです。

なお、モニターは24インチですので、映像の迫力は申し分ありません。

価格:26,255円
サイズ:24インチ
解像度:1920×1080
リフレッシュレート:144Hz
応答速度:1ms

 

BenQ ZOWIE XL2536

ゲームに集中できるように、アイシールドを搭載しています。

また独自技術「DyAc(Dynamic Accuracy)」を標準搭載しているため、ゲームの動きが滑らかです。

24.5型ワイドとやや大きめですが、24型とそれほど違いがありません。PJS2018 season1大会使用モデルでもあることから、品質は問題ないといえます。

価格:43,753円
サイズ:24.5インチ
解像度:1920×1080
リフレッシュレート:144Hz
応答速度:1ms

 

Acer KG251QFbmidpx

液晶の外側に大きなフレームがなく、見た目は非常にスタイリッシュです。

24.5インチとやや大きめですが、感覚的には24インチとあまり変わりはありません。

また、フリッカーで悩んでいる人は、Acer KG251QFbmidpxなら満足できそうです。

映像も非常になめらかですので、安価で品質の高いモニターを探しているなら、ぜひ押さえておきたい商品だといえます。

価格:21,600円
サイズ:24.5 インチ
解像度:1920×1080
リフレッシュレート:144Hz
応答速度:1ms

 

Acer XF240Hbmjdpr

TNパネルに角度がついてるため、極端に白くなったり、黒くなったりすることはありません。

激しい動きを伴うゲームを楽しんでいるなら、満足できるのではないでしょうか。

また保証期間が3年ついてることから、安心して購入することができそうです。

画質に関しては、それほど綺麗とはいえないものの、必要最低限の機能は搭載されていることから、不満を感じることはないといえます。

価格:29,799円
サイズ:24インチ
解像度:1920×1080
リフレッシュレート:144Hz
応答速度:1ms

 

ASUS VG248QE

コントラスト拡張技術ASCRを搭載し、メリハリのある鮮明な画像を実現しています。

発色が自然なので、目の疲労を最小限に抑えることができそうです。

また、本体を調整する範囲は比較的広く、どちらかというと融通が利くといえます。

価格は相場よりやや安値で性能を気にしてしまいがちですが、機能性は十分期待できそうです。

価格:26,880円
サイズ:24 インチ
解像度:1920×1080
リフレッシュレート:144HZ
応答速度:1ms

 

ASUS VG279Q

モニターそのものに7つのモードが搭載されていて、コントラストや明るさなどを設定することができます。

自由度が高いため自分で調整が必要ですが、好みの設定で楽しめるのは大きなポイントです。

27インチということもあり、価格帯はやや高額ではありますが、フルHD(1,920x1,080)解像度、144Hzのリフレッシュシート、ノングレア、1msの応答速度を備えているため、大満足できるといえます。

価格:58,542円
サイズ:27 インチ
解像度:1920x1080
リフレッシュレート:144Hz
応答速度:1ms

 

iiyama GB2560HSU-B1

メーカーとしてはトップクラスの品質誇ります。

目の疲れの原因となる青色光源を抑え、リフレッシュシート144Hz、応答速度1msを搭載。

画面の向きを左右各45度に調整できるスウィーベル機能を併せ持つなど、ハイスペックなモニターとなっています。

3年間の保証もついてるため、安心して購入できそうです。

価格:30,927円
サイズ:24.5 インチ
解像度:1920x1080
リフレッシュレート:144Hz
応答速度:1ms

 

Pixio PX275h

リフレッシュシートは95Hzとなっているものの、滑らかでピントが合う画像を楽しむことができます。

またゲーム中に、スクラッチや入力のプレイ画像のぼやけを感じることはほぼありません。27インチもあるため、迫力のあるゲーム映像を楽しむことができます。

また、Flicker-Free技術を採用していることもあり、長時間ゲームや作業による目の疲れを最小限に抑えることが可能です。

価格:28,980円
サイズ:27 インチ
解像度:2560×1440
リフレッシュレート:95Hz
応答速度:4ms

 

AOC C32G1/11

モニターの設置場所が広いのであれば、AOC C32G1/11がオススメです。

32.5インチあり、リフレッシュシート144Hz、応答速度1ms、フリッカーフリーを搭載しています。

映像のカクつきなどを最小限に抑えており、大画面ながらも目の疲れを最小限に抑えることが可能です。

暗いシチュエーションの映像でも鮮明に見ることができるため、色域に不満を感じることはありません。

価格:33,853円
サイズ:31.5 インチ
解像度:1920×1080
リフレッシュレート:144Hz
応答速度:1ms

 

まとめ

PS4、任天堂switchでも使えるゲーミングモニターについてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。

種類が多いため、何を選択すればよいのかわかりづらいものですが、今回取り上げたゲーミングモニターの品質は、それほど大きな違いはありません。

ただし、機能などが微妙に違うため、購入前に一通りチェックしておきましょう。

早速、気になるゲーミングモニターを購入し、大迫力の画面でゲームを楽しんでみては?

 

-ゲーミングPC

Copyright© 金猿日記 , 2019 All Rights Reserved.