PCゲーム

ゴーストリコン ワイルドランズの推奨スペック。グラボなし低スペックPCはだめ?おすすめゲーミングPCはこれ!

 

2017年の3月に発売されてからも、なお人気の絶えない広大なオープンワールドを探索できるゴーストリコン ワイルドランズですが、なにより多人数プレイが楽しく3年経過した今でもPvPやPvEも盛り上がっております。

今回は、そんな、ゴーストリコン ワイルドランズを快適に楽しむことができる推奨スペックを満たしたオススメのゲーミングPCを紹介いたします。

なお、ゴーストリコン ワイルドランズはグラボなしのゲーミングPCでも遊ぶことができるのか?という疑問にもお答えいたします。

公式サイト:ゴーストリコン ワイルドランズ

 

ゴーストリコン ワイルドランズの必要動作&推奨スペックは?

まず、公式で紹介されている、ゴールドリコン ワイルドランズを快適に遊ぶために求められるPCのスペックを紹介いたします。

最低動作スペック
OS: Windows 7 SP1, Windows 8.1, Windows 10 (64-bit)
プロセッサー: Intel Core i5-2400以上、または、AMD RX-4320以上
メモリ: 6GB以上
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX660 またhだ AMD Radeon R9 270X以上
ストレージ: 50 GB 利用可能

推奨動作スペック
OS: Windows 7 SP1, Windows 8.1, Windows 10 (64-bit)
プロセッサー: Intel Core i7- 3770 または、AMD FX-8350以上
メモリー: 8 GB以上
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 1060またはAMD Radeon RX480以上
ストレージ: 50 GB 利用可能

この、公式が発表している推奨スペックはあくまで、FHD画質で低画質または中画質程度でフレームレート30fps程度を維持できる性能です。

PS4(プレイステーション4)くらいの動作環境で遊べると思っていただければ結構です。

しかし、せっかくPCで遊ぶのであれば、フレームレートは60fpsを超え、画質も超高画質を味わってみたいということが本音です。

次の項目ではPCの動作に必要な各種パーツ毎にゴールドリコン ワイルドランズを快適に遊ぶために必要な知識とオススメのPCパーツを解説いたします。

 

ゴーストリコン ワイルドランズの快適プレイを叶えるPCスペックは?

それではゴーストリコン ワイルドランズを快適に遊ぶために必要なPCを構成する各種パーツに必要な知識とオススメのPCパーツを紹介します。

 

グラボは?

グラボについては、推奨スペックを満たすだけであれば、2020年現在であれば、ビデオメモリ6GBもあるGTX1660で十分でしょう。

しかし、より快適なフレームレートと、高画質、そして解像度の高い4Kを目指すならば、もっと性能が高いグラボが求められます。

FHDの解像度であればRTX2070以上のグラボがあれば十分です。4Kで60fps以上を目指すならばRTX3080かRTX3090といった最新のハイエンドグラボが求められます。ただし、ハイエンドグラボは値段がとても高いので、無理のない購入計画を立ててください。

 

CPUは?

CPUについては、グラボの性能が低ければ、CPUの性能も高いものでなくても構いません。

グラボの性能が高い場合にCPUの性能が低くなると、グラボの描き出したCGを処理できずに無駄にしてしまいます。これでは宝の持ち腐れになってしまいます。

ハイエンドグラボを搭載するのであれば、CPUの方も高い性能を持つCPUにしなければなりません。

RTX2070を搭載するのであれば、CPUもCore i7-10700以上かRyzen 7-3700X以上をし搭載し、RTX3080以上のグラボを搭載するならCPUもCore i9-10850以上かRyzen 9-3900X以上を搭載しましょう。

 

メモリは?

メモリは、ある一定以上の性能が無いと満足なフレームレートが得られません。最近のゲーミングPCでは最低でも8GBのメモリは搭載しておきたいところです。

最近販売されているゲーミングPCは16GBが主流となっています。メモリも安くなっているので、ココはケチらない方が良いパーツです。

かといって、メモリの容量が多ければ多いほど良いのかと言えばそうではなく、無駄にメモリを搭載してもアクセス数が増えて逆にレスポンスが遅くなってしまうこともあります。適度なメモリ容量として、16GB以上を搭載しておきましょう。

そして、メモリも16GBを搭載するにあたっては、8GBのメモリを二枚搭載するデュアルチャンネルにした方が、性能が高くなります。

最近のCPUとマザーボードであれば、このデュアルチャンネルに対応するものがほとんどです。同じ容量とクロック数のメモリを二枚メモリスロットに接続すると、理論上は2倍の性能が得られます。

(実際は1.5倍程度)また、メモリはクロック数が高い方が動作が快適です。フレームレートも高く出すことができます。クロック数はメモリの規格であるDDR4の後ろに2666や3200という数字で書かれています。

 

SSDは?

SSDについては、ゴールドリコンワイルドランズのインストールに必要な容量が50GBになっていますので、最低限250GBもあれば良いですが、今後他のゲームをインストールすることなどを考えたら500GB以上は最低でも必要です。

また、SSDの接続方法にも種類があり、SATA接続とNVMe接続であれば、断然NVMe接続の方がデータの読み書き速度が向上します。

最近のゲーミングPCはメインストレージについてはNVMe接続のSSDが標準となっておりますので、この点は気にしなくとも良いでしょう。もし、別途動画などを保存するならばHDDを増設するか、予算に余裕があるならサブストレージにもSSDを搭載しておきましょう。

 

マザーボードは?

マザーボードは、PC内の様々なパーツを接続する中枢神経の役割を担っております。マザーボードの性能が低いと、性能の良いCPUやメモリやグラボの性能を引き出すことができません。

BTOショップで購入するゲーミングPCであれば、適したマザーボードが選定されています。

あまりに安いゲーミングPCを選ぶと、それなりのマザーボードしか搭載されておらず、あとでパーツ交換や増設をした際に、新しいパーツに対応していなかったなんてこともありますので、中古のゲーミングPCを選択することはオススメしません。

 

電源は?

電源についても、エントリーモデルやミドルスペックモデルであれば、そこまで気にする必要もありませんが、ハイスペッククラスやハイエンドクラスのゲーミングPCを買うようでしたら、熱効率の上がる高性能な電源を使用しているPCを選ぶことをオススメします。

最近であれば80PLUS認証を取得している電源を使用しているゲーミングPCがほとんどですので、あとは80PLUSの認証の中で最高に効率の良いプラチナクラスから最低限の性能をもったスタンダードクラスがありますので、ハイスペッククラスかハイエンドクラスであれば、シルバークラスかゴールドクラスの電源を搭載したゲーミングPCを選びたいところです。

色々とパーツのことを紹介しましたが、より高画質で高フレームレートを求めるならば、どうしても性能も値段も高いパーツが欲しくなってしまいます。ここは予算に合わせて選んでいただければ良いところです。

 

ゴーストリコン ワイルドランズはグラボなし、低スペックPCで操作できる?

ゴーストリコン ワイルドランズはグラボの無いようなゲーミングPCで遊ぶことは可能か?という疑問が出てきますが、まず、本当にグラフィック機能も搭載していないようなPCであれば遊ぶことはできません。

5万円以下で購入できるようなPCで遊べるとは考えない方が良いでしょう。

また、最近ではCPUの中にグラフィック機能であるGPUを搭載したCPUがありますが、GPU内臓CPUでプレイするという手もありますが、こういったCPUでPCゲームを遊ぶことはオススメは致しません。

グラボであれば、グラボ内にビデオメモリという機能で描いたCGを処理しますが、GPU内臓CPUは、ビデオメモリの機能をメモリで補おうとしますので、より動作が重くなりやすいです。快適なプレイを求めるならば、しっかりとグラボを搭載したゲーミングPCをオススメします。

 

ゴーストリコン ワイルドランズにおすすめのゲーミングPCはこれ!

上述した、様々な事項を踏まえたうえで、ゴーストリコン ワイルドランズにおすすめのゲーミングPCを紹介いたします。

 

デスクトップPCならガレリア XA7R-R70S RTX2070Super搭載 Minecraft Starter Collection同梱版

グラボにはRTX2070Superを搭載しておりますので、FHD画質なら十分なフレームレートが出ます。そして、CPUもRTX2070Superの性能を受け止めるRyzen 7 3700Xを搭載しております。

メモリも16GB(8GB×2枚のデュアルチャンネル)を搭載しているので、フレームレートもより高く安定します。メインストレージにはNVMe接続の512GB SSDを搭載しているので、ゴールドリコン ワイルドランズを遊ぶには必要十分です。

マザーボードもASRock B550 TWを使用しているので、性能的に十分なものを持っています。電源は650Wの80PLUS(ブロンズクラス)となっています。ここはシルバークラスに変更しても良いですが、これ以上の内部パーツを組み込まないならこのままでも良いでしょう。

FHD画質でゴールドリコン ワイルドランズを楽しむなら必要十分な性能を持つハイスペッククラスのゲーミングPCです。快適なフレームレートが得られると視認性が上がるので、対戦でも協力プレイでも活躍が見込めます。

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&tc=30&ft=&mc=9407&sn=4254&st=1&vr=10&tb=2#tabContents

 

4K高画質ならガレリア ZA9C-R38 RTX3080搭載

最新のグラボであるRTX3080を搭載し、CPUもCore i9-10850Kを搭載しております。メモリも勿論16GB(8GB×2枚のデュアルチャンネル)を搭載しているので、フレームレートもしっかりと安定します。

メインストレージにはNVMe接続の1TB SSDを搭載しているので、容量的にも必要十分です。

マザーボードもZ490チップセットのマザーを搭載し、電源も750Wの80PLUS GOLD認証のものを搭載しておりますので、熱効率も安心です。4K解像度で高いフレームレートを期待できるゲーミングPCです。

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&tc=30&ft=&mc=9588&sn=0&st=1&vr=10&tb=2#tabContents

 

ノートPCならガレリア GCR2070RGF-QC ガンメタリックモデル Minecraft Starter Collection同梱版

グラボにはGeForce RTX 2070 MAX-Qを搭載し、CPUにはCore i7-9750Hを搭載しております。メモリも16GB(8GB×2枚のデュアルチャンネル)を搭載しております。

多人数プレイが楽しいゴールドリコンワイルドランズでは快適なネットワーク環境が必要になってきますので、無線LANを利用するのであればWi-Fi 6対応であるIntel Wi-Fi 6 AX200NGWを搭載したこのゲーミングノートPCは最適です。

有線LANが無いのであれば、自宅のルーターもWi-Fi6対応のものに変更しておくと良いでしょう。ゲーミングノートPCでゴールドリコン ワイルドランズを快適に遊ぶのであれば、このゲーミングPCの性能が必要になってきます。

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&tc=652&ft=&mc=8944&sn=0&st=1&vr=10&tb=2#tabContents

 

まとめ

ゴールドリコン ワイルドランズはソロプレイでも十分楽しめますが、協力プレイや対戦プレイがとても楽しいゲームです。

快適に動作させるゲーミングPCだけでなく、快適なネットワーク環境も準備すると、より快適なプレイができます。より視認性のあがるゲーミングモニターと、友人とボイスチャットもできるヘッドセットがあると、より盛り上がりますよ。

-PCゲーム

© 2020 金猿日記