PCゲーム

マビノギの推奨スペック。グラボなし低スペックPCはだめ?おすすめゲーミングPCはこれ!

 

可愛いキャラクターとまったりとした雰囲気が楽しめるMMORPGであるマビノギを今から遊んでみたいという人もいらっしゃると思います。

サービス開始から10年以上経過しており、かなり熟成されているゲームなので、ある意味安心して遊べるかもしれません。

今回はそんなマビノギを楽しむために推奨スペックを満たしたオススメのゲーミングPCを紹介いたします。また、グラボ無しのPCでもマビノギは動作するのか?という疑問についてもお答えします。

公式サイト:マビノギ

マビノギの必要動作&推奨スペックは?

マビノギを運営しているネクソンから公表されている、動作推奨環境は下記のとおりです。

OS:Windows 8.1 / Windows 10
CPU:Dual Core 2.5GHz
メモリ:2GB以上
グラボ:NVIDIA Geforce 7600GS
ストレージ容量:4GB以上の空き容量

この条件は、あくまでも公式が「動作をする」と言っている環境なので、実際はもう少しPCのスペックが必要となってきます。まずCPUはデュアルコアでは不具合が起こる可能性もあるので、最低でも4コアは必要です。

メモリも2GBではギリギリの動作となり、動作はすることはするけど処理落ちなどが心配されます。2020年の今現在であれば4GB以上のメモリは確保したいですし、余裕を持つったメモリ容量ならば8GB以上欲しいです。

詳しくは後ほどPCパーツ毎に必要なスペックを紹介いたします。あくまでも公式の推奨スペックはギリギリの動作がなんとか保証されているものと認識してください。

 

マビノギの快適プレイを叶えるPCスペックは?

では、実際にマビノギを快適に楽しむためにはどれほどのPCのスペックが必要なのか?ということをパーツ毎に紹介いたします。

 

グラボは?

マビノギは、それほどグラボに性能を依存していないので、ある程度のグラフィック機能を持つCPUを使用していれば問題なく動作します。

CPUにグラボ機能のあるものintel製であればCPU内にintel HD Graphics 630やIris Plus Graphics G7といった内蔵GPUが入ったもの、AMD製であれば、最新のRyzen4000シリーズであれば、RADEON Graphicsといった内臓GPUが使われていて、これらのCPUを使用していれば十分にマビノギは動作します。

しかし、他のPCゲームでも遊びたいということであれば、GPU内蔵のCPUでは、動作的にはかなり厳しいものになるので、グラボを別途組み込んだPCを購入することをオススメします。

 

CPUは?

グラボの解説でも書きましたが、費用を安く抑えてグラボの無いPCの購入を考えるならば、グラボ機能であるGPUを内蔵したCPUが望ましいです。

Ryzenシリーズならば最新の4000シリーズか、一世代前でもRyzen 3 3200GやRyzen 5 3400Gを使用していれば十分です。intel製の内蔵GPUは現状AMD製よりも劣ってしまうので、最新の第10世代のCPUでCore i5 10400以上が望ましいです。

もっと快適な動作が欲しいということで、グラボを別途つけるならば、グラボの機能を持て余さないCPUの機能があれば十分です。クラボを組み込むならば、intel製であればCore i3 または、Core i5シリーズの最新世代のものがオススメです。

先ほども書きましたがCore i5 10400を使用していれば十分でしょう。旧世代(第9世代以前)は脆弱性の件もあるので、個人的にはオススメしません。AMD製であれば、Ryzenシリーズであれば最新のものを使用すれば、問題なく動作するでしょう。

 

メモリは?

メモリについては推奨環境でも述べたとおり、4GB以上は確保したいので、余裕を持つならば8GB以上は組み込みたいです。

とくにGPU内蔵CPUを使う場合は、グラフィック処理をメモリに依存するようになるので、クラボをつけないなら、なおさらメモリの容量には気を使うべきです。

また、メモリは一枚よりも、同じ規格のメモリを二枚挿すとデュアルチャンネル(2チャンネル)という機能で、メモリの処理能力が向上しますので、PCを購入する際はメモリが一枚挿しになっているのか、二枚挿しになっているのか、構成を良く確認しましょう。

総容量8GBのメモリならば、4GBが二枚挿しとなってデュアルチャンネルになっているものが望ましいです。

 

SSDは?

マビノギのインストールに必要な容量は、4GBと極めて低いので、そこまで容量は気にしなくても良いですが、SSDとHDDであれば、SSDの方が読み書き速度が向上するのでメインストレージにはSSDを使っているものがオススメです。容量は250GBもあれば十分です。

 

マザーボードは?

マザーボードについては、余程安いものや、古いものを使用していなければ問題ありません。マビノギの動作であればあまり気にする必要は無いでしょう。

 

電源は?

電源についてもマビノギの快適な動作に必要なPCパーツを考えると、こちらもそこまで神経質になる必要はございません。中古の劣化品などでなければ十分です。

 

マビノギはグラボなし、低スペックPCで操作できる?

マビノギはグラボなしでも動作するのか?ということですが、上述したとおりGPU内蔵のCPUを使用すれば問題なく動作します。

しかし、全くグラボ機能のないCPUを使用しているPCや、数万円で販売しているタブレットにキーボードを付け足したようなPCで遊ぶことはオススメしません。

特にタブレットPCの中には内蔵SSDがeMMCという取り外しできないタイプのSSDがあり、容量も64GBと少ないものがほとんどなため、こういったPCはOSをインストールしただけで容量が塞がってしまうので動作も不安定になります。

メモリも2GBや3GBと小容量のものも多く、とてもではありませんがマビノギを快適に遊ぶ環境は構築できません。マビノギがいくら低スペックのPCで動作をするとはいえ、性能の低すぎるPCで遊ぶことはオススメしません。

 

マビノギにおすすめのゲーミングPCはこれ!

以上のことを踏まえて、マビノギにおすすめのゲーミングPCを紹介していきます。

 

GPU内蔵型CPUのデスクトップPCならLEVEL-M0B4-R53G-VHR

内蔵GPUであるRadeon RX Vega 11 Graphicsを備えたAMD製のCPUであるRyzen 5 3400Gを使用しています。

マビノギを遊ぶのであれば、十分機能を果たしています。そしてメモリは16GB(8GBを2枚挿ししたデュアルチャンネルになっています。)を組み込んでいるので、こちらも十分な機能を持っています。

ネット環境が悪いということが無ければ処理落ちなどせず、快適に遊ぶことがができるでしょう。メインストレージに240GBのSSDを組み込み、更に1TBのHDDもサブストレージに組み込んでいて、ストレージ容量も十分に確保できています。FF14等を遊ぶとなると低画質設定にする必要もありますがマビノギを遊ぶのであれば十分な性能を持つゲーミングPCです。

https://www.pc-koubou.jp/products/detail.php?product_id=709184

 

別途グラボを組み込むゲーミングPCを選ぶならガレリア RM5R-G50 GTX1650搭載

グラボにNVIDIA GeForce GTX1650を組み込んでいて、CPUもRyzen 5 3500を使用しているので、マビノギを安定した動作で遊ぶことが可能です。メモリも当然ながらデュアルチャンネルでのトータル16GBになっています。

メインストレージもNVMe接続の512GBのSSDになっているので、PCの起動からゲームの読み書き速度についても快適になります。コスパも良いゲーミングPCです。このゲーミングPCならば、マビノキ以外のPCゲームも低画質設定に変更すれば快適に遊ぶことも可能です。

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&tc=30&ft=&mc=9556&sn=0

 

ノートPCならガレリア GR1650TGF-T Minecraft Starter Collection同梱版

マビノギを外出先で遊びたい人もいらっしゃるでしょう。そんな人にはゲーミングノートPCがオススメです。ノートPCは値段が高くなりがちですが、お手頃価格のノートPCでもマビノギなら遊ぶことができます。

グラボにGTX1650Tiを組み込み、CPUにはRyzen 5 4600Hを使用しております。メモリは8GBのシングルになっているのですが、マビノギを遊ぶ上では問題はありません。メインストレージも512GBのNVMe接続のSSDなので、PCの起動速度も速くゲームの読み書き速度も高速になります。

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&mc=9454&sn=2935

 

まとめ

マビノギは推奨スペックも低いため、今からでも遊びやすいMMORPGです。

しかし、あまりにもPCとは言い難いような性能の低いPCで遊ぶことはオススメしません。せっかく遊ぶならば紹介させていただいたPCでしっかりと快適に遊ぶことをオススメ致します。

-PCゲーム

© 2020 金猿日記