PCゲーム

プラネットコースターの推奨スペック。グラボなし低スペックPCはだめ?おすすめゲーミングPCはこれ!

 

プラネットコースターは、PCで自分好みの遊園地(テーマパーク)を作ることができるゲームです。

Steamワークショップで、他のユーザーによって作られたコースターや建築物なども追加・共有することができます。勿論パーツを組み合わせて1から自分で作ることもできます。

憧れのテーマパークを自分自身の手で作ることができる、そんな素敵なゲームであるプラネットコースターを遊ぶために推奨スペックを満たしたオススメのゲーミングPCを紹介いたします。

また、グラボなしでも遊べるかどうか?ということも解説いたします。

公式サイト:プラネットコースター

 

プラネットコースターの必要動作&推奨スペックは?

公表されているプラネットコースターの推奨スペックは下記の通りです。このスペックから、プラネットコースターに推奨されるゲーミングPCの性能を割り出します。

最低環境
OS;Windows 7 (SP1+)/8.1/10 64bit
CPU:Intel i5-2300以上AMD FX-4300以上
メモリ:8GB以上
グラボ:NVIDIA GeForce GTX 560 または、AMD Radeon 7850以上
ストレージ:8GB以上

推奨環境
OS;Windows 7 (SP1+)/8.1/10 64bit
CPU:Intel Core i7-4770 または、AMD FX-8350以上
メモリ:12GB以上
グラボ:NVIDIA GeForce GTX980 または、AMD Radeon R9 380以上
ストレージ:8GB以上

推奨されるスペックを見ると、2世代くらい前のグラボやCPUが書かれております。

公表された推奨スペックを現世代のスペックに直すならば、CPUはIntel Core i5-104000で十分です。グラボもGTX1660以上の性能があれば十分です。また、公表されているスペックでは4K画質での推奨されるスペックは明記されておりません。

4K高画質にすると大変美しいグラフィックで表示できますが、文字は小さくなるので、なるべく大きなモニターが必要になります。ゲーミングPCの他に大画面モニターも準備しなければなりません。

 

プラネットコースターの快適プレイを叶えるPCスペックは?

プラネットコースターを快適に遊ぶために必要なゲーミングPCを語る上で、どんなPCパーツで構成されていれば良いのか?ということで、推奨スペックを満たすPCパーツを紹介いたします。

 

グラボは?

グラボは公表されている推奨環境を満たすものであれば、上述したGeForce GTX1660以上の性能があれば十分です。

しかし、高画質設定で多くのオブジェクトの表示をして高いフレームレートまで考えるともっと高性能なグラボが欲しくなります。

RTX2070やRTX2080といったグラボが良いでしょう。そして4Kで高画質設定し、更に広いテーマパークを構築するならばRTX2080Tiを組み込んだゲーミングPCを購入した方が良いでしょう。

 

CPUは?

CPUも上述しました、Intel Core i5-104000で十分ですが、高画質設定にするために、グラボを高性能なものにした場合は、CPUの性能も高くしないとボトルネックという現象が起こってしまい、グラボの性能を無駄にしてしまいます。

良いグラボを組み込むなら良いCPUを組み込んだゲーミングPCを買うべきです。グラボをRTX2070にするならば、CPUもCore i7-10700かRyzen 7 3700Xにすべきです。

そして、RTX2080Tiを組み込むならばCPUは、Core i9-10900かRyzen 9 3900X以上のCPUを組み込むべきです。

 

メモリは?

メモリは容量12GBを満たすということであれば、16GBで十分です。メモリはクロック数が高いほど多くの処理を行うことができます。クロック数はMHzで表示されています。

そして、最近のCPUとマザーボードではデュアルチャンネルというメモリ2枚を使用することで処理速度を理論上2倍に向上する技術を使うことができます。

メモリの構成を確認してデュアルチャンネルになっているゲーミングPCを買うことをオススメします。

 

SSDは?

SSDにも種類があります。昔ながらの2.5インチSSDと、最近では薄く小さくなりましたが性能の高いM.2SSDがあります。

しかし、M.2SSDにも接続方式で読み書き速度が変わってきます。高速だと言われているSSDはNVMe接続のSSDです。

M.2接続でもSATA接続と変わらない速度しか出せないものがあります。また、容量ですが推奨では8GBとなっておりますが、多くのオブジェクトを配置し、ワークショップを利用するとなると容量は上がります。

OSなども入れるとして512GBもあれば十分です。

 

マザーボードは?

マザーボードは、基本的にCPUやメモリやグラボ等の性能を繋ぐ神経伝達の役割をしています。

マザーボードの性能はチップセットや使用している接続端子の数などで決まります。基本的にチップセットの性能が高いマザーボードを選ぶ必要があります。チップセットの種類はIntelとAMDで違います。

Intel製の方は最新のものはZ490、H470、Q470、W480、B460、H410といった種類があり左から高性能なものになります。H410のチップセットになるとできることも少なくなり対応する機器にも限りができてしまいます。

AMD製であれば最新のものはX570やB550といった種類がありますが、AMD製はCPUソケットに互換性があり、マザーボードの更新で古いマザーボードでも新しいCPUを使うことが可能です。

つまりX470やB450といった古いマザーボードも使うことが可能です。マザーボードもなるべく高い性能のものを選びましょう。

 

電源は?

電源は基本的にBTOショップで購入するならば、80PLUS認証がされた電源が使用されています。80PLUS認証では、規格があり高性能なものからTITANIUMからSTANDARDまであります。

BTOショップで使われているものの多くはBRONZEクラスが使われており、電源効率は82%となっています。ハイエンドクラスのゲーミングPCならゴールド以上の規格のものが良いでしょう。

公表された推奨スペックを満たすゲーミングPCであれば、エントリーまたはミドルクラスのゲーミングPCでも遊ぶことはできます。

しかし、最高画質設定で多くのオブジェクトを配置し、更には4Kにまで対応するとなるとより高いハイエンドクラスのゲーミングPCが必要です。

 

プラネットコースターはグラボなし、低スペックPCで操作できる?

グラボなしのゲーミングPCでは、基本的に遊ぶことはできません。最低限グラボは無くともグラボの機能を持ったCPUを使ったPCが必要になります。

グラボも無い低スペックPCでは、起動してもフリーズなどを起こすか、最悪起動もしません。そして内蔵グラボのCPUを使ったゲーミングPCでも処理にかなり時間がかかり動作してもスローモーション状態、またはカクカクな動作になるので、快適に遊べるとはいいがたい状況となってしまいます。

そのことからも理解できるように、グラボを組み込んでいないようなPCで遊ぶことはオススメできません。

 

プラネットコースターにおすすめのゲーミングPCはこれ!

プラネットコースターを快適に楽しむことができるオススメゲーミングPCを紹介いたします。

コストをなるべく抑えたゲーミングPCと推奨スペックを満たしてフルハイビジョン画質程度で快適に楽しめるゲーミングPCと、4K最高画質に対応するゲーミングPCも紹介いたします。

 

コストを抑えたデスクトップPCならガレリア RT5 Minecraft Dungeons 同梱版

グラボにはGTX1660SUPERを組み込んでいます。CPUもAMD製のRyzen 5 3500を使うことで、GTX1660SUPERの性能もしっかり活かすことができます。

メモリもクロック数2666MHzの8GBを2枚使用するデュアルチャンネルになっていますのでフレームレートを高く保てます。マザーボードのチップセットもB450です。

500GBの容量があるNVMe接続のSSDなので、必要十分な容量と性能を持っています。最高画質設定を気にしないならば十分プラネットコースターを遊ぶことができます。コストを抑えたいならオススメのゲーミングPCです。

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&tc=30&ft=&mc=8611&sn=0

 

推奨スペックを満たしたデスクトップPCならガレリア XA7R-R70S RTX2070Super搭載

フルハイビジョン画質でプラネットコースターを快適で楽しみたいならば、このゲーミングPCがオススメです。グラボにRTX2070Superを組み込み、CPUにRyzen 7 3700Xを使っています。

マザーボードがASRock B550TWを使っておりますので、PCI-E x16 Gen4.0スロットを活用しているので、SSDの読み書き速度も向上します。使っているSSDも512GBNVMe接続のSSDで読み込み3200MB/s、書き込み速度2000MB/sとなっています。

メモリはクロック数2666MHzの8GBのデュアルチャンネルになっています。フレームレートも高く、動作も安定してプラネットコースターを快適に楽しむことができます。

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&tc=30&ft=&mc=9407&sn=0

 

4K高画質環境でも遊べるデスクトップPCならガレリア ZA9C-R80T RTX2080Ti搭載

凝りに凝ったテーマパークを作って、美麗映像で楽しみたいなら、このゲーミングPCをオススメします。グラボは勿論、2020年現在高い性能を示すRTX2080Tiを組み込み、CPUもCore i9-10900Kを使用しているので、グラボの性能もしっかりと活かすことができます。

4K高画質でも高いフレームレート表示でプラネットコースターを快適に遊ぶことができます。ストレージ容量も1TBと余裕があります。

勿論NVMe接続のSSDです。メモリも先ほど紹介した「ガレリア XA7R-R70S RTX2070Super搭載」が組み込むメモリよりも高い2933MHzになっているので、より処理能力も高くフレームレートも安定します。

電源も80Plusゴールド認証のものを使用しております。4K高画質環境でプラネットコースターを快適に遊ぶならオススメです。

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&tc=30&ft=&mc=9384&sn=0

 

ノートPCならLEVEL-15FR103-i7-TOXVI

ノートPCで遊びたい人もいらっしゃると思いますが、ノートPCはコストが高くつくので、購入時にはよく考えて購入しましょう。

デスクトップPCと同じ様な構成でも排熱の関係上、性能がデスクトップPCよりもどうしても劣ってしまいます。また、内部パーツの交換による延命もできないため、型落ちしてしまったら使い道が無くなってしまうところも痛いところではあります。

しかし、デスクトップPCを置くスペースが無いという人は、推奨スペック以上を満たしたデスクトップPCに近い構成を持つ、このゲーミングPCがオススメです。

https://www.pc-koubou.jp/products/detail.php?product_id=747184

 

まとめ

プラネットコースターは自分好みのテーマパークを作ることができ、更に経営をし、自分の作った乗り物に乗る楽しみもあります。

1粒で3度は美味しいゲームです。更に自分でカスタマイズできるようになると、もっと楽しむことができます。某夢の国を再現するのも楽しいですし、自分だけの究極のテーマパークを作っても良いでしょう。

そんなプラネットコースターを楽しみたいなら快適に遊べるゲーミングPCを購入することをオススメします。予算次第ではありますが、ご自分のプレイスタイルに合っていると思うゲーミングPCを購入してください。

また、デスクトップPCなら、後々にパーツを交換してパワーアップもできますので、その点でもデスクトップPCをオススメします。

-PCゲーム

© 2020 金猿日記