PCゲーム

レインボーシックスシージ PC版の推奨スペック。グラボなし低スペックPCはだめ?おすすめゲーミングPCはこれ!

 

運営開始は2015年と、5年以上も経過していますが、今もなお新しいコンテンツの追加で盛り上がるレインボーシックスシージを遊ぶならば、やはりマウス操作が可能であり、フレームレートの制限もないPC版が一番でしょう。

今回はレインボーシックスシージをしっかりと遊べる推奨スペックを満たしたゲーミングPCを紹介します。

また、レインボーシックスシージを遊ぶためにはグラボの無い安いPCでも遊べるのか?についても解説いたします。

公式サイト:レインボーシックスシージ

 

レインボーシックスシージの必要動作&推奨スペックは?

公表されているレインボーシックスシージの最低動作スペックと推奨動作スペックは下記のとおりです。

最低動作スペック
OS: Windows 7, Windows 8.1, Windows 10 (64bit)
CPU: Intel Core i3 560または AMD Phenom II X4 945以上
メモリ: 6 GB以上
グラボ: NVIDIA GeForce GTX 460 または AMD Radeon HD 5870以上
ストレージ: 61 GB 利用可能

推奨動作スペック
OS: Windows 7 SP1, Windows 8.1, Windows 10 (64bit)
CPU: Intel Core i5-2500K または AMD FX-8120以上
メモリ: 8 GB以上
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 960 または AMD Radeon HD 7970以上
ストレージ: 61 GB 利用可能

あくまで、公式サイトでは、このスペックのPCがあれば、標準画質で30FPS以上がキープできるというものです。高画質設定で100を超えるようなフレームレートを目指すならば、もっと高い性能のPCが必要となります。

 

レインボーシックスシージの快適プレイを叶えるPCスペックは?

これから、レインボーシックスシージを快適に楽しむためのゲーミングPCに必要なスペックをパーツ別に解説いたします。

 

グラボは?

グラボは、ゲームの快適な動作に必要な描画を描き出すパーツです。3DCGの動きなどを計算して描画していきます。

このパーツが優れているほど、素早い描画でフレームレートも高くなり、滑らかな動作を視認することができます。

レインボーシックスシージは、流石に2015年のゲームなので、そこまで高性能なグラボは必要ありません。

GTX1660 Superもあれば最高画質でも100fpsを超える十分なフレームレートが得られます。4Kで楽しむという稀な人は、RTX2080 Super以上のグラボが必要となります。

ただし4Kモニターでは、応答速度が早いものが少ないので、あまり利点は無いかと思います。

 

CPUは?

CPUについても、グラボの性能をそこまで高いものにしなければ、少し性能の良いミドルクラスのCPUで十分です。Intel Core i5 10400やAMD Ryzen 5 3500でも十分な性能が得られるでしょう。

4Kに対応したいとか、他のゲームを遊びたいということであれば、高い性能を持つゲーミングPCを購入しても良いですが、そういった場合は、遊びたい別のPCゲームに適したゲーミングPCを選んでいただければ、十分対応できるでしょう。

 

メモリは?

メモリについては、ある一定のメモリ容量がないと動作がカクカクになったり、スローモーションの様な映像になったりしますが、レインボーシックスシージは古いゲームなので、8GBもあれば十分な動作が得られます。

最近発売しているゲーミングPCは、メモリの価格も落ち着いていることから、16GBが標準搭載規格となりだしているので、問題はないでしょう。

BTOショップで販売されているゲーミングPCでは、メモリもほぼデュアルチャンネルの形が取られているので、その点も問題はありません。デュアルチャンネルを使うとほんの少しフレームレートが向上します。

 

SSDは?

レインボーシックスシージは61GBというちょっと大きめの容量が必要となりますので、メインストレージには500GB以上のストレージが欲しいところです。

また、読み書き能力の早いSSDが良いでしょう。と、言っても最近のゲーミングPCはメインストレージがSSDのものが標準となっているので、この点も心配はございません。

 

マザーボードは?

マザーボードは各パーツを繋ぐ中枢神経の役割をしています。マザーボードは今後パーツの交換を考えているならば、良いパーツを使うに越したことはありません。

レインボーシックスシージ専用のPCの購入と割り切るならば、一世代前のマザーボードでも良いでしょぅ。

 

電源は?

電源は効率よく変換することで発熱を抑えますが、レインボーシックスシージをFHD画質で遊ぶことを考えるならば、そこまで高い性能の電源を使う必要もありません。

昨今のゲーミングPCで標準的に使われている80PLUS認証のブロンズクラスのもので十分働いてくれます。

あくまで、FHD解像度で最高画質程度で遊ぶならば、ミドルスペッククラスのゲーミングPCがあれば、レインボーシックスシージは快適に動作させることができます。

 

レインボーシックスシージはグラボなし、低スペックPCで操作できる?

さて、レインボーシックスシージをグラボの無いような格安PCや、中古PCで遊ぶことができるか?という疑問ですが、流石に完全にグラボを搭載していない、または、グラボの機能があるCPUを使っていないのであれば、動いたとしても途中でフリーズするか、そもそも動作はしません。

そして、CPU内部にグラボ機能であるGPUを内蔵するCPUを使っているPCを使えば、なんとか動作はしますが、快適とは言い難いです。

最新のGPU内蔵型CPUを搭載したPCを使えば、中画質設定などにすれば、動作はするでしょうが、わざわざ最新の内蔵型を使用するなら、GTX1650あたりを搭載するゲーミングPCを購入したほうが安上がりです。

レインボーシックスシージをPCで遊ぶならグラボを搭載するゲーミングPCでプレイしましょう。

 

レインボーシックスシージにおすすめのゲーミングPCはこれ!

今までの説明を踏まえて、レインボーシックスシージを快適に遊ぶことのできるおすすめのゲーミングPCを紹介いたします。

 

デスクトップPCならガレリア RM5R-G60S GTX1660Super/3500X搭載モデル

グラボにGeForce GTX 1660 SUPERを搭載しております。CPUには、Ryzen 5 3500Xを搭載しておりますので、GTX 1660 SUPERの性能を損なうことはありません。

そしてメモリも16GB(8GB×2枚のデュアルチャンネル仕様)になっていますので、フレームレートも安定したものになります。

レインボーシックスシージをFHD画質で楽しむのでしたら、十分な性能を持ったゲーミングPCです。しかも値段も10万円そこそこと、コスパも非常に良いデスクトップゲーミングPCです。

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&tc=30&ft=&mc=9473&sn=0

 

ノートPCならガレリア GR1650TGF-T メモリ16GB搭載モデル

グラボにはGeForce GTX 1650 Tiを搭載し、CPUにRyzen 5 4600Hを搭載しております。

レインボーシックスシージを最高画質で100fps以上とは流石にいけませんが、高画質や中画質であれば十分に楽しめるゲーミングノートPCです。

メモリも16GB(8GB×2枚のデュアルチャンネル仕様)になっておりますし、メインストレージもNVMe接続の512GBのSSDなので容量も十分です。

NVMe接続なので、PC自体の起動も早く動作も快適です。そして、Wi-fi6対応の無線LANを搭載しておりますので、ルーターをWi-fi6対応にすれば、無線でも快適なネットワーク環境を得ることが可能です。

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?mc=9454&sn=0

 

まとめ

PS5等の次世代機でも4Kに対応するということで示唆のあったレインボーシックスシージは、今後も盛り上がること必至です。

まだまだ祭りはこれからなので、4Kに対応しなくとも、シューターゲームにおいて、快適なマウスやキーボード操作ができるゲーミングPCで、是非レインボーシックスシージを楽しんでください。

まずは、コスパの良いゲーミングPCを購入してPCゲーマーになれば、ゲームの世界が大きく広がりますよ!

-PCゲーム

© 2020 金猿日記