PCゲーム

SCUMの推奨スペック。グラボなし低スペックPCはだめ?おすすめゲーミングPCはこれ!

ゾンビの徘徊する島に放り出され生き抜くサバイバルを楽しむゲームSCUM。まだ早期開発段階のゲームではありますが、細かいステータス管理により排泄まで行えるという独自性もあって、癖になるゲームです。

まだ、日本サーバーも無く、日本語にも対応しておりませんが、早期アクセス中の発展途上段階を楽しむことができるゲームです。

今回は、そんなSCUMを快適に楽しむことができるゲーミングPCを紹介いたします。また、推奨スペックを満たしていないような低スペックのグラボを搭載していないようなPCでSCOMは遊べるのか?と言った疑問にもお答え致します。

公式サイト:SCUM

SCUMの必要動作&推奨スペックは?

Steam上で公表されているSCUMの推奨スペックは下記のとおりです。

最低動作環境
OS: 64-bit Windows 7, Windows 8.1, Windows 10
CPU: Intel Core i5-4430 または、AMD FX-6300以上
メモリ: 10 GB以上
グラボ: NVIDIA GeForce GTX 960 または、 AMD Radeon R7 370以上
ストレージ容量: 50 GB以上

推奨動作環境
OS: 64-bit Windows 7, Windows 8.1, Windows 10
CPU: Intel Core i5-6600K または、AMD Ryzen 5 1600以上
メモリ: 16 GB以上
グラボ: NVIDIA GeForce GTX 1060 または、 AMD Radeon RX 580以上
ストレージ容量: 50 GB以上

推奨スペックはあくまでメーカー側が、この程度のPCがあれば最低限動作はしますということを示唆したスペックです。

高画質設定にして高いフレームレートを維持することを考えるならば、もう2段階は上のスペックを持ったゲーミングPCが必要となってきます。SCUMをGTX1060(VRAM6GB)で動作させた場合には、最高画質にするとフレームレートは30辺りまで下がってしまっておりました。

 

SCUMの快適プレイを叶えるPCスペックは?

SCUMを快適にプレイするために必要なゲーミングPCを紹介するにあたり、「どんなパーツが必要とされるのか?」を解説いたします。

 

グラボは?

グラボにおいては、最高画質でフレームレート60fps以上をキープするならばNVIDIA Geforce RTX2070以上のグラボは組み込んでおきたいところです。

このグラボがあれば昨今のPCゲームについては、フルハイビジョンの解像度であれば快適に動作します。4Kまで考えるのであればRTX2080Tiを組み込みたいです。

勿論お金に余裕があるのならば最近発売されたRTX3080を組み込んでも良いでしょう。同じグラボを2枚使用したSLI構成にしても良いですが、現状早期アクセス中のSCUMでは、そこまでする必要は無いです。

 

CPUは?

CPUは、グラボの性能を上げるのであれば、絶対的にCPUの性能も上げるべきです。グラボの性能ばかり高くても、大元の処理を担うCPUの性能が低い場合、グラボの性能を持て余してしまいます。

例えるならグラボが1秒間に70枚のCGを処理して描きあげても、それを管理するCPUの働きが悪ければ表示される画像は50枚まで下がってしまいます。つまりCPUの性能が低いことで20枚分の仕事が無駄になってしまいます。

わかり易くするために極端な数値を上げましたが、あまりにもCPUの性能が劣ってしまった場合起こり得ることなので、CPUの性能は蔑ろにしてはいけません。グラボにRTX2070を組み込むならばintel製のCPUならばCore i7 10700以上の性能を持つCPUを選びましょう。

AMD製であれば、Ryzen 7 3700Xまたは、3800X以上のCPUが望ましいです。勿論RTX2080以上のグラボになれば、もっと高性能なCPUを使用するべきです。

 

メモリは?

メモリの容量は公式の推奨環境でも16GBとなっておりますので、16GB以上のメモリは最低限必要です。メモリの容量が不足すると、極端にフレームレートが下がり映像がカクカクの動作になってしまうか、または、まるで水中にいるかのようなスローモーション映像になってしまいます。

そんな状態を継続すると最後にはフリーズしてしまうか、そのままPCが停止してしまうという現象も起こります。

また、メモリについては、マザーボードに16GBのメモリを1枚挿すよりも8GBのメモリを2枚挿して16GBの容量を組み込むデュアルチャンネル(2チャンネル)で使用した方が処理能力が高くなります。最近のCPUとマザーボードであれば、このデュアルチャネルに対応しております。

水道の蛇口や道路のレーン数にも例えられますが、データが通る道筋が増えれば、それだけやり取りが早くなるといった説明がわかりやすいでしょう。

それならば3枚、4枚と挿せばもっと性能が上がるのでは?と思ってしまうかもしれませんが、トリプルチャンネルやクアッドチャンネル対応するCPUやマザーボードは、値段も高価です。

ゲーミングPCではデュアルチャンネルへの対応を考えれば十分です。また、メモリの性能の良し悪しはクロック数という数値が指標になります。

DDR4というメモリの規格の名称のあとに2666や3200と書かれた数値です。単純に数値が高い方が性能が高いと覚えておけば問題ありません。3200を超える数値になると逆に遅延も発生しますが、昨今のゲーミングPCでは、あまり考慮する必要はありません。

 

SSDは?

SCUMのデータ容量は50GBなので、メインストレージにインストールするならば500GB以上の容量もあれば十分です。ゲームのローディング速度を上げるのならば、接続方法がNVMeとなっているものが良いです。

 

マザーボードは?

マザーボードは、余程安い物か古い物を使用していなければ十分な性能が得られます。後ほどオススメするゲーミングPCには、低スペックなマザーボードを使うものはオススメいたしません。

もしも、ご自分で構成変更などを考えているならば、最新のマザーボードを選ぶことをオススメします。新しい型式のものであれば、近年発売されるCPUやグラボの規格にも対応できます。

古いマザーボードを使用すると近年発売された規格などに対応できない場合があり、結局マザーボードから買い直しになってしまいます。また、マザーボードの交換は結構面倒くさいので、初心者にはオススメできません。

 

電源は?

電源については、最近のゲーミングPCであれば、80PLUS認証を取得したものがほとんどであり、神経質になる必要はありません。

しかし、ある程度のスペックが必要となるゲームとなると、スペックの高いパーツが多くなり、スペックの高いパーツは電気消費量も激しいため、電源効率を上げるために、電源にも気をつける必要が出てきます。

RTX2080Ti以上のハイエンドグラホを組み込むのであれば80PLUS認証のSILVERクラスやGOLDクラス以上の電源を使用したゲーミングPCがオススメです。

 

SCUMはグラボなし、低スペックPCで操作できる?

SCUMはグラボなしのPCで遊ぶことはできるのか?ということですが、完全にグラボの性能を持たないPCでは、まずゲームが起動するかも怪しいです。

起動しても画面が真っ暗になるか、ブルースクリーンになってしまう可能性も十分あります。CPUの中にはGPU機能を持つものもあります。intel製であればHD Graphics 630など仕様に書かれております。

AMD製であれば、最新のRyzen 4000シリーズであれば、RADEON Graphicsが組み込まれていますので、SCUMも起動できますが、快適に動作するとは言い切れません。

また、GPU内臓のCPUではグラボと違いビデオメモリが搭載されていないため、メインメモリからビデオメモリ分の容量を使うため、更なるメモリ容量が必要となります。このことからもわかる様に、低スペックのPCでSCUMを快適に遊ぶことなど考えられません。

 

SCUMにおすすめのゲーミングPCはこれ!

以上のことを踏まえて、SCUMにおすすめのゲーミングPCを紹介致します。

 

デスクトップPCならガレリア ZA7C-R70S RTX2070Super搭載

グラボはGeForce RTX 2070 SUPERを組み込んでいますので、フルハイビジョンの解像度で遊ぶのであれば十分な性能を持っています。

CPUもCore i7-10700Kを使用しているので、ボトルネックを生むこともありません。メモリも16GB(8GB×2枚を使用したデュアルチャンネル)を搭載しておりますのでフレームレートも安定します。

メインストレージに1TBのNVMe接続のSSDを使用しておりますので、PCの起動もゲームのローディングの速度も向上します。マザーボードは、インテル Z490 チップセットを使用していますので、長く使っていけます。

電源は650W 静音電源のBRONZEクラスなので、こちらだけは構成でGOLDクラスに変更しても良いかもしれませんが、SCUMを遊ぶためには申し分の無い性能を持ったゲーミングPCです。

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&tc=30&ft=&mc=9412&sn=0

 

ノートPCならガレリア GCL2070RGF

グラボはGeForce RTX 2070を組み込んでいます。CPUにはCore i7-10750Hを使用しているので、グラボの足を引っ張ることもありません。コチラのメモリも16GB(8GB×2枚を使用したデュアルチャンネル)を搭載しておりますのでフレームレートも安定します。

そしてメインストレージに1TBのNVMe接続のSSDを使用しておりますので読み書き速度も向上します。

ただし、ノートPCは排熱の関係上どうしてもデスクトップPCよりは性能が劣ってしまうので、携帯性を取りたいとか、どうしても部屋に置くスペースが無いということでない限りはデスクトップPCを個人的にはオススメします。

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&mc=9323&sn=2931

 

まとめ

SCUMは、できることもたくさん有って癖になる楽しいゲームですが、PCに要求するスペックも高いゲームです。まだ、発展途上の早期アクセス中のゲームなので、荒削りな面も多数ありますが、開発段階だからこそ楽しめる部分も多くあります。

そんな開発段階のゲームを楽しむというのことは、家庭用ゲーム機では味わうことができません。興味があれば是非ゲーミングPCを購入して初期段階のワクワクも含めてSCUMを楽しみましょう。

-PCゲーム

© 2020 金猿日記