PCゲーム

WILD HEARTSの推奨スペック。グラボなし低スペックPCはだめ?おすすめゲーミングPCはこれ!

EAから発売されるモンスターハンターの様なゲームWILD HEARTSのPC版を快適に楽しむため推奨スペックを満たしたゲーミングPCを紹介します。

数々の無双シリーズを手掛けたオメガフォース開発のゲームだけあって、期待度の高いゲームとなっています。

また、このWILD HEARTSはグラボなしのPCで遊ぶことができるのか?といった疑問についても解説していきます。

おすすめはこれ!

WILD HEARTSにおすすめのゲーミングPCをチェック!

公式サイト:WILD HEARTS

WILD HEARTSの必要動作&推奨スペックは?

WILD HEARTSの公式サイトで公開されている必要動作環境や推奨スペックは下記の通りです。

最低動作スペック推奨動作スペック
OSWindows 10
CPUIntel Core i5-8400
AMD Ryzen 5 2600
Intel Core i7-8700K
AMD Ryzen 5 3600
メモリ12GB16GB
グラボNVIDIA GeForce GTX 1060 (VRAM
6GB)
AMD Radeon RX 5500 XT
NVIDIA GeForce GTX 2070
AMD Radeon RX 5700 XT
ストレージ80GB

最低動作スペックでもGTX1060のビデオメモリ6GB版が必要という事で、それなりに負荷が高いゲームだと言うことが伺えます。この情報から推察するにとてもではありませんが、グラボの無いPCで遊ぶことはできないでしょう。

そして推奨動作スペックもRTX2070以上という事で最近のグラボに置き換えればRTX3060Ti以上のグラボが必要という事です。

また、公式が出す推奨動作スペックは中画質程度で60fps程度のものが多いため、より快適な環境をと考えたら、更なるスペックアップが必要と考えられます。

グラフィックも美しいゲームですから、ハイエンドクラスのグラボを搭載したゲーミングPCを必要とするゲームであることが伺えます。

 

WILD HEARTSの快適プレイを叶えるPCスペックは?

WILD HEARTSを快適にプレイするために必要なPCスペックをパーツ毎に解説いたします。

 

グラボは?

グラボは推奨動作スペックでRTX3060Tiなので,より快適を目指すならばRTX3070や3080以上が望ましいです。懐に余裕があるのであればRTX4080やRTX4090が良いでしょう。

しかし、RTX4090はまだ性能を活かし切れるCPUが出ていないと言う状況のためRTX4080が価格的に見てもおすすめです。

RTX4080ならば動画編集や実況動画配信までスムーズに行えます。やる気があればオリジナルVTuberの作成だって可能です。

他の人とは一線を画すことができるグラボとなっています。

 

CPUは?

グラボの性能を高くすれば、CPUの性能も高くする必要があります。Windows11になり、 CPUの負担を減らす機能が追加されるといってもCPUの性能が高くて悪いことなんてありません。

CPUの性能が高ければ、フレームレートも高く保つこともできます。逆にCPUの性能が低い場合はグラボの性能を下げてしまうことすらあり、ボトルネックが発生してしまいます。

RTX3060Tiを搭載するならばIntel製であれば、できるだけ新しい世代のCore i7以上のCPUを搭載したゲーミングPCを選び、AMD製ならばRyzen 7以上のCPUを搭載したゲーミングPCを選びましょう。グラボの性を上げたらCPUの性能も上げて然るべきです。

RTX4080を搭載するならばCore i9やRyzen 9の搭載は必須です。

 

メモリは?

メモリは最低動作スペックで求められる性能以上のメモリ容量は搭載するべきです。メモリ容量が不足すると著しくフレームレートが低下してしまい、まともにゲームを遊ぶこができません。

あからさまにガクガクな動作、またはスローモーション映像となり、ゲームプレイが苦痛になってしまいます。

また、オンライン協力プレイが推奨されるWILD HEARTSでそんな状況になって仕舞えば、一緒にプレイする友人にも迷惑がかかってしまいます。

そんな他人の足を引っ張る状況は、オンラインプレイで避けたい状況です。

メモリ容量は16GBあれば十分ですが、実況動画配信や動画編集することまで考えるならば32GBのメモリ容量のゲーミングPCを選ぶと良いでしょう。

 

SSDは?

WILD HEARTSの求めるストレージ容量は、80GBと比較的大きめです。メインストレージが500GB程度のストレージ容量のゲーミングPCですと、すぐに容量が不足してしまいますので、メインストレージは1TB以上のものが良いでしょう。

最近はNVMe接続のM.2SSDを搭載したゲーミング PCが当たり前となっているため、その点についての仕様について心配する必要は無いと思われます。

サブストレージにもNVMe接続のM.2SSDを使用したいと考えるならば、後述するマザーボードに拘る必要があります。

 

マザーボードは?

マザーボードも搭載するチップセットや、各種パーツ類で性能が変わります。

良いチップセットを搭載しているものを選んだ方が後々各パーツの増設や交換をした際に、結局使えなかったと言う心配が少ないです。

上述したサブストレージについても、性能の低いマザーボードだと折角のNVMe接続のM.2SSDがSATA接続の速度まで落ちてしまうこともあります。

NVMe接続のM.2SSDの性能によっては10倍近い違いが出てしまいます。

そんなことにならない様にマザーボードにまで気を配ると、後々にパーツ交換や増設をした際に後悔することがありません。

Intel製であればチップセットの頭文字にZがついたマザーボードを選び、AMD製ならば頭文字にXがついたチップセットを使用したマザーボードを選びましょう。

基本的に値段の高いマザーボードは値段が高いだけあって高機能で、壊れにくいパーツを使用しています。財布が許すならばマザーボードも拘りたいパーツの一つです。

 

電源は?

最近の電源は性能も良くなり、電源が起因で PCが壊れるといった事象は少なくなっております。

昔は電源が起因で壊れることも多かったので、その時代の人達は『電源は良い物を選べ』と言います。私もその中の1人です。

しかし、その時代から比較したら天と地の差があるほど電源の性能は上がっております。

上述してきた高性能パーツを使用したゲーミング PCであれば、電源も良い物を使っているので、殆ど心配する必要はないでしょう。

電源効率もGOLD認証以上のものが使われています。もし、SILVER 以下の電源が使われていたら、カスタマイズで交換をしておくと良いでしょう。

 

WILD HEARTSはグラボなし、低スペックPCで操作できる?

WILD HEARTSはグラボを搭載していない様なPCでは、まず遊ぶことはできないでしょう。

以前私はPUBGやGTA5をグラボの無いPCで起動してみる実験をしてみましたが、PUBGは動作中にフリーズしてブルーバックになりました。GTA5は起動すらしませんでした。

WILD HEARTSもグラボの無い PCで遊ぼうとしても、起動しないか、起動してもフリーズが予想されます。

運良く起動したとしてもガクガクかスローモーションになると思われますので、まずまともには遊べないと考えられます。

解像度を落とすところまで落とし、最低画質で遊べば動くかもしれませんが、そこまでして PCで遊ぶ意味は見出せません。

 

WILD HEARTSにおすすめのゲーミングPCはこれ!

上述してきたことを踏まえてWILD HEARTSにおすすめのゲーミングPCを紹介していきます。

 

デスクトップPCならGALLERIA ZA9C-R48 第13世代Core搭載

高画質が期待できる美しいグラフィックが売りであるWILD HEARTSを4Kで楽しむならば、グラボは最新のNVIDIA GeForce RTX4080を搭載し、CPUもCore i9-13900KFです。

この仕様ならばWILD HEARTSを4K高画質でも高いフレームレートを維持して快適に遊ぶことができます。

メモリは16GBを搭載し、電源はなんと1000Wの電源で80PLUS PLATINUMクラスです。更にマザーボードはZ790チップセットということで高い環境でWILD HEARTSを遊ぶことができるハイエンドクラスのゲーミングPCです。

GALLERIA ZA9C-R48 公式サイトはこちら

 

ノートPCならGALLERIA ZL7C-R38H Minecraft: Java&Bedrock Edition for PC同梱版

大型のデスクトップPCを置くことができないという人には、4Kには対応できませんが、高画質FHD設定であればWILD HEARTSを快適に遊ぶことができる、このゲーミングノートPCがオススメです。

どうしてもラップトップ版になるため、デスクトップ版ほどの性能はありませんが、グラボNVIDIA GeForce RTX3080のラップトップ版を搭載し、CPUもCore i7-12700Hを搭載しております。メモリも32GBありますし、メインストレージも1TBのNVMe接続のM.2SSDです。

ハイスペックなデスクトップPCに迫る性能を持つゲーミングノートPCなので、この性能があればノートPCでもWILD HEARTSを十分に遊ぶことができるでしょう。

GALLERIA ZL7C-R38H 公式サイトはこちら

 

まとめ

久々のモンハン以外のハンティングアクションゲームの発売で、ワクワクしている方も多いと思われるWILD HEARTSを PCで遊びたいと言うのであれば、PS5やxbox series Sの性能は超えておきたいところです。

家庭用ゲームに負けないグラフィックとフレームレートで楽しめば、よりWILD HEARTSの世界に没頭して遊ぶことができるでしょう。

合わせて4Kモニターやゲーミングマウスやゲーミングキーボードも購入しておくと、より高い環境で楽しむことができます。

-PCゲーム

© 2023 金猿日記